製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
製品・技術

【通信講座】レオロジーの基礎理論・測定/評価の入門講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
樹脂・ゴム・高分子系複合材料 分析・評価・品質管理  /  食品・機械 化学・樹脂 試験・分析・測定

【通信講座】レオロジーの基礎理論・測定/評価の入門講座

 

開講日 2019年1月31日 (木)

講座回数

3回コース(2019年1月31日~6月下旬)

1口の受講者数

1口3名まで受講可能

受講料(税込)
 
1口 59,400円 ( S&T会員受講料 56,430

 定価:本体55,000円+税4,400円

 会員:本体52,250円+税4,180円

 

[1名受講も可能です]
 32,400円 ( S&T会員受講料 30,780 )
  定価:本体30,000円+税2,400円
  会員:本体28,500円+税2,280円


[4名以上は、1口1人あたりの金額追加で受講可能です]
 1人あたり19,800円( S&T会員受講料 18,810円)の

 金額追加で受講可能です

 

スケジュール

 

 

1月31日(予定) 第1講 開講(テキスト到着予定)
 
3月4日(予定) 第1講 演習問題解答提出締切
第2講 開講(テキスト到着予定)
 
4月4日(予定) 第2講 演習問題解答提出締切
第3講 開講(テキスト到着予定)
 
5月8日(予定) 第3講 演習問題解答提出締切
 
2019年6月上旬(予定) 修了証発行

 

受講条件

(1) PC の環境は必須です。
・通信講座の進行上の連絡はE-Mail で行います。

 本人の個別E-Mail アドレスをご用意ください。

・教材データ、演習問題解答用紙は、Word,Excel, PowerPoint,PDF などの

 データを使用いたします。

(2) 受講者全員のS&T 会員登録は必須です。
・通信講座の受講にあたってのテキストebook および教材データのダウンロード、

 講師への質問、修了証発行などに弊社S&T 会員マイページ機能を利用します。


※お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより会員登録のご案内を差し上げます。 

教材

テキスト:各受講者1冊、Excelデータ(演習使用)
ebook版:各受講者の閲覧可能PC数 2台/1アカウント(
同一アカウントに限る)

※テキストは、製本版の他に、ebookでも閲覧可能です。1人2台まで閲覧可能で会社のPCだけでなく通勤途中でもアプリから私物のタブレットでも学習できます。

 

※ebook版のダウンロードは、弊社S&T会員「マイページ」内で行います。
[対応デバイス] Win・Macの両OS、スマートフォン・読書端末(iPhone,iPadなど)
[フォーマット] PDF(コンテンツ保護のためアプリケーション

       「bookend」より閲覧)

 

【講師への質問】
受講者全員で共有できるよう講師へのQ&Aは基本的に受講者マイページに匿名にて掲載いたします。全質問の講師の回答が閲覧でき、参考になります。

  

講師

 

千葉大学 名誉教授 大坪 泰文 氏

 

プログラム

 

第1講 レオロジー量の定義と粘弾性の基礎理論
 趣旨 
  物質の力学的性質を表す物性値としてのレオロジー量の定義とそれらの関係を結びつける粘弾性理論の基礎について説明します。レオロジーという学問の基礎ですから数学的厳密性をもって理解すべきところですが、工業技術としてレオロジーを活用するという立場で、その物理的意味を把握できるようになるべく文章で説明することに努めます。

 習得できる知識 
・レオロジー量の定義とその物理的意味を正しく理解することができます。

・工業技術として応用するという観点からレオロジーに取り組むことできるようになります。

 プログラム

はじめに

1.連続体力学の基礎

 1.1 ひずみとひずみ速度
 1.2 応力

2.粘性の基礎
 2.1 粘度(粘性率)の定義
 2.2 非ニュートン流動(擬塑性流動、ダイラタント流動、塑性降伏)
 2.3 時間依存性流動
  2.3.1 チクソトロピーとレオペクシー
  2.3.2 技術用語としてのチクソ性

3.粘弾性の基礎
 3.1 粘弾性の現象論(粘弾性モデル)
  3.1.1 粘性と弾性の熱力学的意味
  3.1.2 マックスウェルモデルと応力緩和
  3.1.3 フォークトモデルと遅延弾性
  3.1.4 4要素モデル
 3.2 動的粘弾性の定義とその意味
  3.2.1 振動ひずみと粘弾性挙動
  3.2.2 動的粘弾性関数(複素弾性率)の定義
  3.2.3 動的粘弾性関数の角周波数依存性
  3.2.4 動的粘弾性曲線からの流体と固体の判別
 3.3 粘弾性理論の数学的基礎
  3.3.1 ボルツマンの重ね合わせ原理
  3.3.2 粘弾性関数の数学的意味
 3.4 伸長流動と法線応力効果
  3.4.1 伸長粘度
  3.4.2 法線応力効果の現象論
  3.4.3 弾性と法線応力

4.流体力学の基礎
 4.1 ベルヌーイの定理
 4.2 ニュートン流体の管内流動 
 4.3 粘度と流体摩擦 
 4.4 層流と乱流

□ 演習問題・添削 □
 
 
第2講 レオロジー測定の原理と実用測定における留意点
 趣旨 
 厳密な定義に基づいて測定ができるように多くのレオロジー機器ができていますが、測定器の中では必ずしも定義通りのことが起こっているわけではありません。実際の測定では仮定と異なる現象が発現するため、正しい測定を行うためには工夫が必要になります。測定原理、装置設定、測定限界に関わる留意点とJIS規格の粘度測定法における留意点について説明します。
 習得できる知識 
・測定器には材料により得手不得手がありますので、その選択法が理解できます。
・何をどのように測定したらよいか、どこまで信頼できるかなど測定技術のコツが習得できます。

 プログラム

1.測定の基本原理と実際との違いに関わる留意点
 1.1 せん断流動場の一様性
 1.2 壁面スリップとその補正
  1.2.1 壁面に対する流体の付着とスリップ
  1.2.2 平行平板粘度計による壁面スリップの補正
 1.3 二重円筒型回転粘度計におけるせん断速度の補正
 1.4 毛細管粘度計における管長補正
  1.4.1 非ニュートン補正
  1.4.2 管長補正
 1.5 慣性の補正

2.装置の特徴、性能に係わる留意点
 2.1 装置の特徴と測定限界の理解
  2.1.1 レオメータの幾何学と特徴
  2.1.2 装置の選択
  2.1.3 装置の測定限界と仕様
 2.2 試料の量と測定誤差
 2.3 装置の設定と測定誤差
  2.3.1 装置の測定限界に起因する設定誤差
  2.3.2 試料間隙の調整と誤差
 2.4 温度制御と測定誤差
  2.4.1 粘度の温度依存性
  2.4.2 円錐ー平板型レオメータにおけるギャップ調整と温度
  2.4.3 ビスカスヒーティング(粘性発熱)
 2.5 装置の応答性(定常測定と非定常測定)

3.工業的実用粘度測定(JIS規格)における留意点
 3.1 細管粘度計による粘度測定方法
 3.2 落球粘度計による粘度測定方法
 3.3 共軸二重円筒形回転粘度計による粘度測定方法
 3.4 単一円筒形回転粘度計による粘度測定方法
 3.5 円すい-平板形回転粘度計による粘度測定方法
 3.6 振動粘度計による粘度測定方法

□ 演習問題・添削 □

 
第3講 測定プログラムの設定と測定結果の評価・解析
 趣旨 
 材料のレオロジー評価という観点から概説します。的確な評価を行うことを目指して、材料の特徴を引き出す測定プログラムの設定とメカニズムに基づく解析について述べます。さらに、工業技術として考えたとき行く着く先は特許になりますのでので、レオロジー特許の評価についても紹介します。
 習得できる知識 
・材料に合わせて測定プログラムを決める手法とその評価法が習得できます。
・レオロジーデータをメカニズムと関連づけて考えられるようになります。
 プログラム
1.物性を反映した測定プログラムの設定
 1.1 時間依存性をもつ系のレオロジー測定
  1.1.1 チクソトロピー挙動の測定
  1.1.2 せん断履歴の消失と平衡流動曲線
  1.1.3 チクソトロピー回復過程の測定
  1.1.4 流動曲線と過度応答
  1.1.5 毛細管粘度計と時間依存性流動
 1.2 ストレススイープと降伏応力
  1.2.1 流動曲線と降伏応力
  1.2.2 静的降伏応力の測定
  1.2.3 ストレススウィープ法による降伏応力の簡易測定
 1.3 非線形粘弾性と測定値の意味
  1.3.1 非線形粘弾性と降伏応力
  1.3.2 非正弦的振動応答と動的粘弾性値
 1.4 解析ソフトの使い方

2.メカニズムに基づくレオロジーデータの評価・解析
 2.1 高分子の分子運動と粘弾性
  2.1.1 分子量と固有粘度
  2.1.2 からみあいと緩和時間
  2.1.3 時間ー温度換算則
 2.2 分散系の凝集と粘弾性
  2.2.1 コロイド化学的粒子間相互作用
  2.2.2 非凝集分散系の粘度挙動
  2.2.3 凝集分散系の粘弾性挙動
  2.2.4 凝集分散系のレオロジーコントロールに関する新技術

3.レオロジー特許とその技術評価 
 3.1 レオロジー特許の概要 
 3.2 粘度挙動に関する特許 
  3.2.1 特許例 
  3.2.2 分散系の粘度特性としての請求内容の検討 
 3.3 粘弾性挙動に関する特許 
 3.4 記述が不十分のため材料間の比較検討ができない特許

□ 演習問題・添削 □

※内容・目次について、テキストと一部異なる箇所がある際はご了承くださいませ。

 

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ