製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

1/28【セミナー】核酸を標的とした低分子創薬 ≪ 新しいクラスの低分子薬としての可能性、実態、展望≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 核酸を標的とした低分子創薬 ≪ 新しいクラスの低分子薬としての可能性、実態、展望≫
開催期間 2019年01月28日(月)
13:00~16:30
会場名 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/20034.html
お申し込み期限日 2019年01月25日(金)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~RNAに対する低分子創薬の海外動向と将来展望~

 

RNA標的低分子創薬は、最後にして最大のパラダイムシフト!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
低分子化合物創薬理論と実際のステップを例にとって、新しいクラスの低分子創薬の実態と未来への展望をご紹介

 

講師

 

(株)Veritas In Silico  代表取締役 工学博士 中村 慎吾 氏

 

 受講料(税込)

 

43,200円(本体40,000円+税3,200円)※資料付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円

 

 趣旨

 

 RNAに対する低分子創薬の歴史は90年代より始まっている。mRNA構造に対する急速な理解の高まりにつれて、mRNA上の標的構造に対し、何らかのスクリーニング法などを使って化合物を取得する方法論に到達しつつある。ここで、VIS社が保有するモダリティのうちの低分子化合物創薬理論と実際のステップを例にとって、新しいクラスの低分子創薬の実態と未来への展望をご紹介する。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

RNA、mRNA、RNAに対するスクリーニング法、業界知識


<プログラム>

1.RNAに対する低分子創薬の歴史
 1.1RNAを標的とする時代
 1.2 リボスイッチを標的とする時代
 1.3 miRNA等の構造をもつRNAを標的とする時代
 1.4 RNA上の未知構造を標的とする時代へ
 1.5 まとめ – RNAへの理解への進展と同期して核酸標的創薬は展開

2.RNAの実態
 2.1 RNAは、4種のモノマーでできている
 2.2 短鎖RNA/RNA部分構造の立体構造解析の実態
 2.3 長鎖RNAは、1つのかたちにならない
 2.4 長鎖RNAの構造を解析する方法論
 2.5 RNAを創薬標的とするために必要なその他技術
 2.6 まとめ – 長鎖RNAを創薬標的とするために

3.RNAに対する低分子創薬の可能性 - VISを例にとって
 3.1 ヒトmRNA中に見つかる部分構造(モチーフ)を安定化すると翻訳が低下
 3.2 アプタマーを挿入したmRNAをリガンドで安定化させると翻訳が低下
 3.3 ヒトmRNA中にモチーフを発見して解析する技術
 3.4 モチーフの安定化を指標に低分子化合物をアッセイする技術
 3.5 実験系を確立する各種ポジコン
 3.6 まとめ – RNAに対する低分子創薬は今こそ可能に

4.RNAに対する低分子創薬の海外動向
 4.1 分類 部分構造標的スクリーニング vs 表現型スクリーニング
 4.2 Arrakis
 4.3 Expansion
 4.4 Novation
 4.5 まとめ

5.RNA標的低分子創薬将来展望
 5.1 RNA標的低分子創薬の本命は、mRNAを標的とした創薬
 5.2 mRNA標的低分子創薬の将来性はまさに無限大
 5.3 mRNA標的低分子創薬に必須となるアイテムは何か?
 5.4 mRNA標的低分子創薬に適用可能な既存技術
 5.5 まとめ – mRNA標的低分子創薬は、一連の流れとして実行可能である必要がある

6.RNA標的低分子創薬は、最後にして最大のパラダイムシフト

  □質疑応答・名刺交換□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ