製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

2/21【セミナー】化学分野における測定の不確かさの基礎と評価手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
分析・評価・品質管理 樹脂・ゴム・高分子系複合材料  / 2018年11月09日 /  化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 化学分野における測定の不確かさの基礎と評価手法
開催期間 2019年02月21日(木)
10:30~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 第1特別講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2019年02月20日(水)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~基礎の基礎から実際の評価・表現方法まで、演習を交えて解説~

 

分析・測定等を行うにあたり理解しておきたい「不確かさ」について、
基礎から実場面における評価・表現方法まで1日で詳しく解説します。
本セミナーの一部で、パソコン(Excelが利用可能なもの)を使用した演習を行います。
必須ではありませんが、ご持参いただけますと理解がより深まります。

 

講師

 

(国研)産業技術総合研究所 計量標準総合センター 招聘研究員 榎原 研正 氏

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 測定データの信頼性をどのように確保・保証するかは、科学、生産、商取引、安全・安心、環境保全など、様々な分野で重要になっている。国際文書「測定における不確かさの表現のガイド(GUM)」が1993年に発行されて以来、測定の信頼性の指標としてそれまで用いられてきた「測定誤差」を発展的に置き換えるものとして「不確かさ」が広く国際的に使われるようになりつつある。
 この講座では、測定の不確かさとは何かからはじめて、化学分野における様々な現実的局面における不確かさの評価・表現方法をPC演習も交えて身につけることをめざす。

 

 プログラム

 

1.不確かさ評価の基礎
 1.1 歴史と背景:
  1.1.1不確かさがなぜ必要か
  1.1.2 歴史的経緯
  1.1.3 誤差と不確かさの違い
  1.1.4 トレーサビリティのための不確かさ
 1.2 統計ミニマム
  1.2.1 ばらつきの表現
  1.2.2 標本と母集団
  1.2.3 標本平均の性質
  1.2.4 重要な確率分布
 1.3 不確かさの評価方法
  1.3.1 不確かさとは何か
  1.3.2 タイプA評価とタイプB評価
  1.3.3 測定モデル
  1.3.4 不確かさの伝播則
  1.3.5 不確かさの表現と報告
 1.4 不確かさ評価のモデル例
  1.4.1 血圧測定
  1.4.2 液体の体積測定
 
2.化学分析で利用される統計的手法

 2.1 回帰分析(検量線の作成):基礎とPC実習
 2.2 分散分析:
   (併行精度,室内再現性,室間再現性,均質性等の評価):基礎とPC実習
 2.3 統計解析ソフトRの紹介
 
3.化学分析のおける不確かさ評価

 3.1 代表的な操作と不確かさ成分
  3.1.1 秤量
  3.1.2 体積測定
  3.1.3 希釈
  3.1.4 機器分析 など
 3.2 標準物質とトレーサビリティ
 3.3 化学分析における不確かさ評価
   (ICP-AESを用いた水中鉛濃度測定の例)

 □ 質疑応答・名刺交換□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ