製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

5/30【セミナー】ポリウレタンの高機能化・高性能化のための設計術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
樹脂・ゴム・高分子系複合材料  / 2019年04月01日 /  化学・樹脂
イベント名 ポリウレタンの高機能化・高性能化のための設計術
開催期間 2019年05月30日(木)
10:30~16:30
会場名 東京・千代田区駿河台 連合会館 5階 502会議室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16432.html
お申し込み期限日 2019年05月29日(水)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み


様々な製品に活用されており、多岐にわたる特性を発揮するポリウレタン
基本組成や構造、挙動をしっかりと理解することが研究開発で重要となってきます
そんなポリウレタンの基礎から高機能化・高性能化について解説します!

 

講師

 

龍谷大学 Ryukoku Extension Center 顧問​  石原 英昭 氏

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 ポリウレタンはテーラーメイドポリマーと言われるように組成および組成分布は多岐にわたり複雑である。また、ポリウレタンは材料そのものだけでなく、賦形化された製品(繊維など)の変形による挙動が基本組成や構造とどのように関係しているかも理解しておく必要がある。
 本講座で紹介するポリウレタンの構造・物性解析例は、組成の異なる種々のポリウレタンに対してその解析手法が適用でき、応用が利くものである。微細構造論的な知見や物性解析手法が新たな分子設計や構造設計に役立ち、研究開発や応用研究の一つの手助けになるものと思われる。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

 プロダクトデザインがどのように行われてきたかが理解でき、構造・物性の解析・評価の有効性、重要性を知ることができる。

 

<対象>

ポリウレタン関係者はじめ高分子成形に携わる技術者、研究者


<プログラム>

 1.はじめに

2.ポリウレタンの基礎
 2.1 ポリウレタンの種類と重合法
 2.2 ポリウレタンの基本組成と化学構造
 2.3 ポリウレタンのブロック性と組成分布

3.ポリウレタンの構造・物性の基礎
 3.1 粘弾性挙動と一次構造との関係
 3.2 化学構造と応力~歪関係
 3.3 Mooney-Rivlin式のC1項とC2項の物理的解釈
 3.4 ポリウレタンのハードセグメントの凝集構造
 3.5 ポリウレタンの化学構造と高次構造の形成

4.大変形下における構造変化
 4.1 ハードセグメント凝集構造の配向挙動
 4.2 ハードセグメントとソフトセグメントの分子配向挙動
 4.3 高次構造の変化挙動

5.ポリウレタンの温度変化による構造・物性変化
 
5.1 ハードセグメント配向の温度依存性
 5.2 物性の温度依存性

6.高性能・高機能化への分子設計・構造設計の例
 
6.1 ポリウレタンの理想ゴム弾性へのアプローチ
 6.2 ポリウレタンの低温弾性回復性の改良
 6.3 ポリウレタンの染色性向上
 6.4 ポリウレタンの透湿機能の向上
 6.5 その他

7.成形シミュレーションの応用
 
7.1 乾式成形理論の基礎
 7.2 シミュレーション結果と構造・物性の関係

  □質疑応答・名刺交換□ 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ