製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

6/17【セミナー】≪ISO 22716(自主基準)およびGQPをふまえた≫ 現場で役に立つ化粧品のGMP監査及び内部監査の留意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
医薬品 製造・GMP 化粧品 開発・マーケティング  / 2019年04月07日 /  医療・バイオ
イベント名 ≪ISO 22716(自主基準)およびGQPをふまえた≫ 現場で役に立つ化粧品のGMP監査及び内部監査の留意点
開催期間 2019年06月17日(月)
10:30~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2019年06月14日(金)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

製造所の製品・プロセスの継続的改善に向けて/小演習付

 

★化粧品製造になぜGMPが必要か、医薬品GMPと化粧品GMPとの違いは何か?
 化粧品特有の品質及び品質を作り込む諸要件、GMPを遵守しない場合に発生が懸念される諸問題とは?

★中期的視野を見据えた継続的な監査が必須!実地監査で実務的具体的手法および指摘事例を解説!
 監査計画書立案、現場における情報収集がうまくなる効果的な聞き取り方、
 そして効果的な監査に役立つ調査の仕方の”こつ”を教えます!
 
★製造現場等でよく見かける不適切な状況(写真)にもとづき、講師と受講者がキャッチボールしながら学ぶ!
  ●「何が問題か?」、
  ●「どうして問題なのか」、
  ●「どうすれば良いのか?」、、、をワークショップで学びます。

 

講師

 

高槻医薬品GMP/食品ISOリサーチ
医薬品品質保証支援センター(NPO-QAセンター) 顧問
日本環境認証機構[JACO] QMS・FSMS主任審査員
若山 義兼 氏
[元塩野義製薬(株) 品質保証部]

花王(株) 技術開発センター 生産技術グループ(化粧品)
外山 博美 氏

[元(株)カネボウ化粧品 品質保証部]

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 化粧品製造所では、ISO22716(自主基準)により受託された化粧品に要求される品質を確保する活動を開始してから10数年が経過しました。しかし、浸透するにはクリアすべき課題があると言われています。
 本セミナーでは、「化粧品の製造管理及び品質管理の確保:消費者に対する品質保証」をする上で、化粧品特有の品質を確保するために押さえるべき化粧品GMPのポイントとは何か?を踏まえ、製造所の品質・プロセスの継続的改善にむけたGMP監査及び内部監査の留意点について解説します。

 

 プログラム

 

第1部 化粧品特有の品質特性及びその品質を造り込む上で必要となるGMP


 化粧品製造になぜGMPが必要か、医薬品GMPと化粧品GMPとの違いは何か、化粧品特有の品質及び品質を作り込む諸要件、GMPを遵守しない場合に発生が懸念される諸問題などを理解して頂きます。


  1)化粧品に求められる製造品質とGMP
   ・化粧品に求められる製造品質
   ・化粧品に適用されるGMPの法的な位置づけ
  2)化粧品の品質保証に関する法的規制GQP省令及びGMPガイドライン/ISO22716
   ・化粧品販売業者が品質保証のために遵守するGQP省令
   ・製造業者が品質保証のために遵守するGMPガイドライン/ISO22716
  3)化粧品GMPの原則
   ・GMPが策定された背景
   ・GMP3原則
   ・化粧品製造所へのGMP3原則の適用+
  4)GQP省令に基づく化粧品の製造管理及び品質管理の確保
  5)化粧品製造業におけるGMPの位置づけ
  6)化粧品/現場で実際に起こりうるトラブル事象(事例)
  7)トラブル事例を回避及び最小化のために役に立つGMP

 


第2部 化粧品委託先製造所へのGMP監査の技術的側面 (委託先監査で抑えるポイント)


 委託先へのGMP監査及び内部監査の目的は、GQP省令では適正な製造管理及び品質管理の確保の状態をモニターすると定めています。しかし、真の目的は、“相互が安心して仕事を頼めて、今後もお互いの信頼のもとに、付き合っていける関係の保持⇒WIN WINの関係の保持”することにあります。このような目的を踏まえ、委託先監査で抑えるポイントを解説します。
 

  1)化粧品GMP監査の目的と課題
   ・内部監査・委託先監査・サプライヤー監査の違いとその課題
   ・取り決め事項にもとづく委託先監査の目的及びその課題
  2)化粧品GMP監査の基本事項
   ・化粧品GMPシステム体型とGMP監査との諸関係
   ・文書監査と実地監査(概要)
  3)化粧品委託先企業へのGMP監査
  4)化粧品製造所へのGMP監査(内部監査を含む)計画立案に考慮すべき自主基準の理解

   ・自主基準ISO22716の構成(技術的側面でISO22716)
   ・従来のGMP基準とISO22717との相違点
   ・組織及び責任技術者
  5)GMP監査の具体的な着眼点
   ・従業員の責任(教育訓練を含む)
   ・施設・装置の妥当性(衛生管理を含む)
   ・保管管理(識別表示・区分保管をふくむ)
   ・化粧品の品質特性(お客様が期待する品質)
  6)システム監査
   ・システム監査の狙い目
   ・表示・包装サブシステム(プロセス)の事例
   ・6サブシステム監査
 


第3部 実地監査で役に立つ実務的具体的手法及び指摘事例


 化粧品委託企業に対するGMP監査は、安心して委託できるのかどうかを評価することであるが、一般にすべてを満足できる委受託はありえない。改善すべきことがあれば指摘し改善を促す又は支援することも必要となる。
この活動(GMP監査)は1~2年の一過的監査では際立った成果に結びつけることは困難である。相互の信頼関係にもとづく中期的視野を見据えた継続的な監査が必要となる。実地監査で、お互いに成長して行くことを踏まえた実務的具体的手法及び指摘事例を解説します。


  1)監査計画書立案におけるコツ及び計画書の記載事例
    (中長期監査プログラム及び監査計画及びチェックリスト作成時の着眼点を含む)
  2)監査チェックリスト・記録の作成上の留意点
    (チェックリストの7つの目的、客感的証拠を含む)
  3)現場における情報収集がうまくなる「効果的な聞き取り方の”コツ”」
  4)効果的な監査に役立つ面談の仕方の勘所
  5)不適合の指摘の仕方のポイント (3つのキーワード)
  6)監査所見及び改善要求書のフォーマット(記載事例を含む)

 


第4部 ISO22716の条項別要求事項の当て嵌め方とその指摘事例(17事例)

 

第5部 演習:製造現場等でよく見かける不適切な状況(写真)(どこが、どのように不適切ですか?)

  □質疑応答・名刺交換□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ