製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

7/18【セミナー】【古くて新しいナノ素材】 ”導電性カーボンブラック”のうまい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
樹脂・ゴム・高分子系複合材料 粉体・微粒子・分散技術  / 2019年04月28日 /  化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 【古くて新しいナノ素材】 ”導電性カーボンブラック”のうまい使い方
開催期間 2019年07月18日(木)
10:00~17:00
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5階 第3講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2019年07月17日(水)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

—高導電化、高分散化技術、改質技術と最新の技術・市場トレンド—

 

導電性カーボンブラックを使いこなすための知識・ノウハウを7時間で速習
導電性カーボンブラックの種類や特徴、最適な分散方法、分散性・導電性の向上、用途に応じた高機能化、市場でのトレンド…etc導電性カーボンブラックを上手く扱うための知見を余すところなく解説します!

 

講師

 

機能性カーボンフィラー研究会 副会長 技術士(化学部門) 前野 聖二 氏

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 導電性カーボンブラックは、樹脂中で本当に移動するのでしょうか?導電性カーボンという同じ範疇にありながら構造がまったく違う種類が存在するのでしょうか?そもそも導電性カーボンとはどのようなカーボンなのでしょうか? 
 導電性カーボンブラックの構造や特徴を十分理解し、目的とする用途に応じて開発していくことが、特徴ある技術や製品を生み出すポイントとなります。本セミナーでは、まず、導電性カーボンブラックの種類や特徴、分散機種、導電性評価技術といった基礎を学びます。更に、分散性・導電性を決定する因子などの応用に加え、ニューパワーソース分野や樹脂複合材分野など用途に応じた高機能化技術など導電性カーボンブラックに関する技術的内容を分かりやすく、かつ詳細に解説します。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

 本セミナーでは、導電性フィラーにおける導電性カーボン系フィラーやカーボンブラックの位置づけやカーボンブラックの種類や特徴、他のフィラーと比べた際の優位点・劣位点等の基礎的な事項が習得できます。
 さらに、分散性、導電性を向上させる種々の手法やカーボンブラックそれ自体の高機能化等、導電性カーボンブラックを上手く扱うためのノウハウ。応用編としてLiイオン電池、燃料電池、キャパシタなどのニューパワーソースや、導電性コンパウンド、塗料など用途に応じた高機能化技術や昨今の市場トレンドに関する幅広い知見が得られます。

 

<対象>

初心者からベテランまでカーボンブラックに興味のある方ならどなたでも!

導電性コンパウンドや塗料、ニューパワーソース(リチウムイオン二次電池、キャパシタ、燃料電池)、カーボンブラック等の開発・製造技術者、企画・市場開発・販売担当者等など


<プログラム>

緒言
情報交流(人脈力)の必要性

第1部 導電性カーボンブラック入門
1.導電性フィラーとは? ~種類、特徴、用途~
  ・金属系フィラー:酸化劣化防止、銅粉
  ・白色導電フィラー:酸化スズ系、酸化亜鉛系、酸化チタン系、ITO、

   チタン酸カリウム繊維系
  ・金属被覆導電フィラー:銀被覆系、ニッケル/カーボン系、ニッケル/セルロース系
2.炭素系導電性フィラーとは?
 2.1 カーボンブラック
 2.2 カーボンナノチューブ:各種カーボンナノチューブの特徴、MWCNT
 2.3 カーボンナノファイバー:VGCF、グラフェンプレートレット
 2.4 炭素繊維、グラファイト
 2.5 導電性フィラーの用途(導電性マップ)
3.導電性カーボンブラックとは? ~構造、種類と特性~
 3.1 カーボンブラックの製造方法
 3.2 構造、物理・化学的性質
  ・一次粒子、アグリゲート、アグロメレート、表面官能基、結晶性、

   DBP吸収量、凝集体径
 3.3 導電性発現機構
  ・パーコレーション、各種導電性カーボンブラックの特徴と特性値

   (粒子数、アグロメレート径)
   ・DBP吸収量と導電性付与効果
 3.4 導電性カーボンブラックの種類と特性
   ・ケッチェンブラック、アセチレンブラック、オイルファーネスブラック、

    カラー用カーボンブラック

第2部 導電性カーボンブラックの性能を最大限引き出すために
4.最適混練、塗料化手法 ~高導電性、最適分散化技術~
 4.1 分散、導電化機構
  (1) 分散機構(分散4ステージ)
  (2) 粉砕(プレミックス)
  (3) 浸透(分散剤、接触角、界面活性剤)
  (4) 微粒化(混練ディスク、各種押出機条件)、分散安定化
  (5) 分散機(樹脂コンパウンド分散機、塗料分散機)
  (6) 分散状態評価方法、導電性評価方法
 4.2 高導電化、最適分散技術
  (1) 分散状態(凝集塊量)と導電性
  (2) 樹脂の影響(単一樹脂系、二成分樹脂系)
  (3) 充填材の影響
  (4) 成形条件の影響

第3部 導電性カーボンブラックの用途と更なる高性能化を目指して
5.導電性複合製品の用途事例
 5.1 用途分類
 5.2 ニューパワーソース分野
  ・二次電池、キャパシタ、燃料電池
 5.3 エレクトロニクス、樹脂複合製品分野
  ・半導体包装材料、自動車分野
6.導電性カーボンフィラーの高性能化(改質)技術
  ・表面官能基、結晶性、多孔性、異元素ドープ、カーボン被覆技術

□ 質疑応答 □

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ