製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

6/21【セミナー】マテリアルズ・インフォマティックスのための機械学習の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
電気・電子・半導体・通信 ICT・情報処理  / 2019年05月19日 /  ロボット IT・情報通信 先端技術
イベント名 マテリアルズ・インフォマティックスのための機械学習の考え方
開催期間 2019年06月21日(金)
12:30~16:30
会場名 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/20034.html
お申し込み期限日 2019年06月20日(木)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~マテリアルズ・インフォマティックスの考え方~
~人工知能と機械学習、深層学習とMIとの関わり~
~実際のデータを使用しながら解説~

 
一見難しそうなマテリアルズ・インフォマティックス、、実はそれほど難しいものではありません

マテリアルズ・インフォマティクスの導入に興味のある方、これから始めようとされている方は是非

 

講師

 

(株)KRI エネルギー変換研究部 次世代電池研究室 室長 工学博士 西島 主明 氏

 

 受講料(税込)

 

43,200円(本体40,000円+税3,200円)※資料付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円

 

 趣旨

 

 近年「マテリアルズ・インフォマティックス」というキーワードが良く使われていますが、その本質や概念等に関してはよくわからないという方が多いかと思います。マテリアルズ・インフォマティクスは計算化学や実行知能といった一見難しそうな技術の塊のように思われますが、実はそれほど難しいものではありません。
 本講演では機械学習に関する初歩的な知識を紹介し、マテリアルズ・インフォマティクスに対して機械学習をどのように使用していくのかを説明いたします。また実際のデータを使用して、簡単なマテリアルズ・インフォマティクスの考え方を説明いたします。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

・マテリアルズ・インフォマティクスの導入に興味のある方
・これからマテリアルズ・インフォマティクスを始めようとされている方


<プログラム>

 1.マテリアルズ・インフォマティックスの考え方
 1.1 インフォマティックスって何?
 1.2 色々とあるインフォマティックス
  ・バイオインフォマティックス
  ・ケモインフォマティックス
  ・マテリアルズ・インフォマティクス

2.MIを支える知識
 2.1 人工知能と機械学習、深層学習とMIとの関わり
  ・機械学習とは
  ・人工知能、機械学習、ディープラーニングの関係
  ・機械学習方式の違い
  ・機械学習とディープラーニングの応用分野
 2.2 知っておくべき機械学習の種類
  ・知っておくべき機械学習の種類:回帰
  ・回帰って何?
  ・説明変数と目的変数
  ・機械学習における回帰の手法
  ・回帰の手法:単回帰と重回帰
  ・回帰の手法:カーネル法
  ・回帰の手法:過学習
  ・回帰の手法:ニューラルネットワーク
  ・知っておくべき機械学習の種類:分類
  ・機械学習における分類の手法
  ・機械学習におけるクラスタリングの手法
  ・機械学習における強化学習の手法
  ・機械学習における深層学習の手法
 2.3 第一原理計算
  ・第一原理計算の重要性
  ・第一原理計算って何?
  ・第一原理計算の種類
  ・第一原理計算からわかる事、わからない事

3.マテリアルズ・インフォマティクス入門
 3.1 Pythonとは
  ・プログラムの例
  ・Pythonの実行例
  ・例:赤ワインのデータと品質評価結果
  ・準備するデータ(1)教師データ
  ・プログラムの動かし方
 3.2 説明変数(記述子)の重要性
  ・重回帰での解析例
  ・ランダムフォレストでの解析例
  ・説明変数の加工
  ・説明変数の削減
 3.3 ランダムフォレスト解説
 3.4 その他のアルゴリズム
 3.5 遺伝子アルゴリズム

4.マテリアルズ・インフォマティックスの動向
 4.1 米国の事例
 4.2 欧州の事例
 4.3 日本の事例
 4.4 マテリアルズ・インフォマティックスの現状と成功例

5.マテリアルズ・インフォマティックスの正極材料への活用例
 5.1 LFPにおける材料設計事例
 5.2 KRIでの取り組みのご紹介

  □質疑応答□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ