製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

7/25【セミナー】薬価制度の改革に対応した薬価申請のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 薬価制度の改革に対応した薬価申請のポイント
開催期間 2019年07月25日(木)
13:00~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2019年07月24日(水)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~適切な薬価取得のための戦略と参考事例の紹介~

   
 2018年度は過去に例外ないほど、製薬会社にとってはとても厳しい薬価制度の抜本的な改革がなされました。 
   今まで以上に高薬価を取得する事が難しくなってくる状況です。

本講演では、今回改定された「薬価算基準について」を中心に
薬価の申請資料作成時のポイントを説明します
また、「適切な薬価を取得できる体制の構築」を目指し、
薬価担当者として何をいつまでに準備をすることが重要なのかを
具体例を交えてわかりやすく解説!

※再生医療等製品についてもお話しする予定です 

 

講師

 

ネクストイノベーションパートナーズ株式会社
取締役副社長 岡 英二 氏


【略歴】
 
1998年に大学卒業後、外資系製薬会社に入社。医薬情報担当者(MR)として都内大学病院等を担当。
 2001年外資系製薬会社の設立に伴い移籍。 都内大学病院を医薬情報担当者として約10年間担当。
 その後、社長室、プライシング・ブランディング・コンプライアンス部門等のマネジャーを歴任。
 2017年2月に現職であるネクストイノベーションパートナーズ取締役副社長に就任。

 

 受講料(税込)

 

43,200円(本体40,000円+税3,200円)※資料付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円

 

 趣旨

 

 今回の2018年度は過去に例外ないほど、製薬会社にとってはとても厳しい薬価制度の抜本的な改革がなされました。
その中で、製薬会社としては製剤を待ち望んでいる患者さんの元に安定的に供給する義務がございます。それをより確実に
実行するための1つとして、正しい薬価を予見しなければいけない。何故なら薬価担当者が予測する薬価を元に販売予測や
人員の採用の計画が進行するからである。
 昨今、企業の予想薬価と実際の薬価の乖離が以前より大きいと思われる製剤があり、保険収載を見送られる品目も
散見されている状況である。そんな中、薬価担当者としては自分の働いている会社には適切な薬価を取得することの
説明をし、スムーズに患者さんに製剤を届ける必要がある。
 今回改定された「薬価算基準について」を中心に今後薬価の申請資料を作成する際に気を付けなければいけない
ポイントがある。その辺りを具体例も含めて理解をしてもらえることで、適切な薬価を取得できる体制を構築して頂くことを
目的としております。又今後の製薬業界を取り巻く環境についてもお話させて頂きたいと思います。

 

 プログラム

 

1.平成30年度診療報酬改定について(概要のみ)
  -概要と歴史・今後の流れを最新の情報でお話します

2.今回の薬価算定基準の改定について
  -前回までとの相違点を中心に改定された基準の確認

3.医療用医薬品の薬価基準収載をする際に知っていなければいけないポイント
 3-1 医療用医薬品が保険収載されるまでの流れ
 3-2 薬価基準収載希望書をいつまでに作成するのか
 3-3 算定方法について
 3-4 類似薬効比較方式について
 3-5 原価計算方式について
   3-6 外国平均価格調整について
   3-7 加算について

4.申請書類の記入方法についてのポイント
 4-1 書類作成時
   4-2 必要書類
 4-3 実際の書式を用いて記載の際の注意点
 4-4 薬価基準収載希望書資料作成時の注意点
 4-5 推定適用患者数及び予測販売数根拠資料
 4-6 類似薬効比較方式の選定薬の根拠の記載方法
 4-7 類似薬がない根拠について
 4-8 加算を申請する際に気を付けること
 4-9 原価計算方式の資料の提出の際に気を付けるべき点
 4-10 原価計算方式を提出する際の添付資料

5.学会活動・ロビー活動でのポイント

6.その他

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ