製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

8/26【セミナー】<研究開発・技術部門が仕掛ける事業・成長戦略> エコシステム&アライアンス・M&A戦略の構想・策定のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
新規事業企画、市場動向  / 2019年06月02日 /  自動車 化学・樹脂 先端技術
イベント名 <研究開発・技術部門が仕掛ける事業・成長戦略> エコシステム&アライアンス・M&A戦略の構想・策定のポイント
開催期間 2019年08月26日(月)
13:00~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2019年08月23日(金)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~異業種やスタートアップとの連携により、
 事業レバレッジを行い圧倒的な競争力を得る~

■エンジニアだからこそ構想・実行できる戦略・ビジネスモデル■
■事業環境変化の把握し、社内外のリソース活用■
■アライアンス・M&A、エコシステムの成功の秘訣■

<価値づくり特集セミナー>

 

エンジニアも開発だけしていればよい時代が終わり、財務的成果の貢献が求められている

エコシステム、アライアンスとは何か、

自社の強みを活かした具体的な戦略・ビジネスモデルの構想・実行を

自社でまかなえないものをどうのようにして外部から調達するのか

 

講師

 

東京大学協創プラットフォーム開発(株) 事業開発第2部 部長
 ※東京大学協創プラットフォーム開発(株)は国立大学法人東京大学が2016年に出資・設立したベンチャーキャピタル

<略歴>
1995年 東京大学 大学院工学系研究科材料学専攻修士課程修了
1996年 東京大学先端科学技術研究センター 研究生
1998年 米カーネギーメロン大学 技術政策学部修士課程修了
1999年~2010年    戦略系コンサルティング会社 コンサルタント
2011年~2018年3月 戦略系コンサルティング会社 取締役
2018年4月~現在   東京大学協創プラットフォーム株式会社 事業開発第二部 部長

<おもな専門分野・研究分野>
・生産財メーカーにおける事業・技術戦略策定・実行
・エンジニア向けビジネス教育、イノベーター育成
・工学分野における研究開発型スタートアップ支援、投資

 

 受講料(税込)

 

43,200円(本体40,000円+税3,200円)※資料付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円

 

 趣旨

 

・AIやIoTといった新技術の登場やグローバル競争の激化により、製造業を取り巻く事業環境変化はますます厳しさを増しています。しかし、厳しく先の読めない事業環境変化の中であっても財務的成果を出し続けることが企業には求められています。エンジニアも開発だけしていてよい時代は終わり、そこへの貢献が強く求められてきます。

・事業環境変化を把握しつつも、行動しながら考え、社内・社外のリソースを活用していくダイナミックさが必要となっています。

・「エコシステム」や「オープン・イノベーション」というキーワードを頻繁に聞くようになっていますが、具体的にどのようにすれば自社の強みを活かした戦略・ビジネスモデルは構想・実行できるでしょうか。

・実際には相手先まかせであったり、社内の体制・スキル人材の不足などの理由から、成功確率が極めて低いのが実際でしょう。

・当セミナーでは、18年以上の大企業向け新規事業開発・R&D戦略コンサルティングと工学系スタートアップ支援・投資の最前線の経験をもとに、アライアンス・M&Aやエコシステムを活用した戦略発想・策定の成功のポイントを具体的に理解していただくことを目的とします。

・直近トレンドとなっている、事業会社とスタートアップ企業(ベンチャー企業)との連携のポイントについてもご紹介します。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

・グローバル競争での競争戦略、成長戦略が必要な生産財メーカー
・事業企画、設計開発、新規事業開発、研究開発、知財部門などのご担当者
・製品・事業の企画・実行を期待されているエンジニア
・スタートアップとの連携に関心のある方


<プログラム>

1.生産財メーカーの戦略構想の基本
 ・高収益の生産材メーカーの事例からポイントを学ぶ
 ・エンジニアがビジネス知識としてまず押さえるマーケティングのポイント
 ・製品アーキテクチャとビジネスモデルを一緒に考える
 ・オープン&クローズ戦略の2つの切り口 
   ‐製品アーキテクチャからみたオープン&クローズ
   ‐エンジニアリングチェーンからみたオープン&クローズ

2.エコシステム戦略とは
 ・エコシステム戦略とは ~自社を軸にしたビジネス生態系をしかける~
 ・エコシステム構築のための3つのポイント
 ・エコシステムの成功事例・失敗事例 ~アマゾン、ミシュラン、アーム など~
 ・エコシステムレベルの競争戦略とは

3.エコシステム戦略の策定の流れ
 ・ステップ1.戦略検討の範囲の選択
 ・ステップ2.戦略仮説想定
 ・ステップ3.事業環境分析
 ・ステップ4.全体アーキテクチャ設計とビジネスモデル構想
 ・ステップ5.市場・技術・事業のロードマップの想定
 ・ステップ6.個別戦略の検討、実行計画の立案

4.アライアンス・M&Aとは
 ・アライアンスとM&Aとの違い
 ・アライアンス・M&Aの体系 ~資本提携、業務提携~
 ・アライアンス・M&A戦略発想のための様々な切り口
 ・アライアンス・M&Aの成功のポイント

  ~競争力のある戦略構想、適切な契約設計、PMIにおける実行力~

5.アライアンス・M&Aの実践ステップ
 ・ステップ1.アライアンス・M&Aを活用した事業戦略の構想
 ・ステップ2.アライアンス・M&A候補企業のソーシング
 ・ステップ3.デューデリジェンス(事業、技術、法務、財務)と事業戦略バリューアップ
 ・ステップ4.契約提携
 ・ステップ5.戦略実行(PMI)

6.事業会社とスタートアップとの連携を成功させるには
 ・事業会社とスタートアップとの連携事例
 ・事業会社とスタートアップの違いを互いに理解し、シナジーを出す ~10のポイント~
 ・事業会社、スタートアップ、ベンチャーキャピタルの関係性

  ~イノベーション・エコシステム~
 ・ソーシングにおけるスタートアップの評価視点
 ・事業会社とスタートアップの連携パターン
 ・カーブアウト・ベンチャーの成功のポイント

(参考資料)
 ・コンソーシアムの仕掛け方
 ・海外M&Aのポイント ~PMIにおける成功要因~

  □質疑応答□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ