製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

8/21【セミナー】香りの生理・心理的評価手法の課題と新評価法による製品開発等への活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
感性工学・官能評価 化粧品 開発・マーケティング ヘルスケア  / 2019年07月03日 /  試験・分析・測定
イベント名 香りの生理・心理的評価手法の課題と新評価法による製品開発等への活用
開催期間 2019年08月21日(水)
10:30~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第4講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2019年08月20日(火)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~香りはヒトの感覚・心理・脳に何をもたらしているのか~

 

香粧品、食品、医薬・医療、自動車分野等々の多くの分野での利用が注目される香りの効能とは

香りの効能・作用を統合的に評価する生理的、心理的な技術や手法を多数解説
 評価における課題克服のための香りの探索、有効性評価などの新知見

生理学的・心理学的解析・官能評価、自律神経活動、大脳活動・・・
 香りの作用機構、有効性を正しく把握して、製品・技術開発に結びつける

評価法のデモの実演を予定しております

 

講師

 

筑波大学 大学院グローバル教育院 教授 / 久留米大学 大学院心理学研究科 客員教授
(兼務)花王(株) 栃木研究所 主席研究員 医学博士 矢田 幸博 氏

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 香りの多様な生理作用(鎮静や覚醒効果)については、多くの報告がなされているが、近年、ダイエットや睡眠改善などのヘルスケア視点からの展開も期待されている。しかしながら、それらの効果の発現は、香りに対する嗜好性や性別、年齢さらには、生活環境の違いにより大きく異なることが知られている。そのため、香りの有効性評価では、生理学的な解析結果を疑問視する声もあり、心理学的な解析や官能評価から論じられる場合も多かった。
 本講では、香りの評価の際の課題や留意すべき点について論じるとともに課題克服のための香りの探索、有効性評価などの新知見を基に香りの活用技術の可能性について言及したい。
 なお、香り評価技術の理解を深めるため、香り評価に有効な自律神経活動(瞳孔対光計測)および大脳の活動(近赤外NIRSの計測)の計測機器による評価の実演を行う予定である。

 

 プログラム

 

<キーワード>

香りの評価の課題、新評価法、香りの有効性(認知、睡眠、ストレス)


<プログラム>

1.香りの効能
 1.1 香りとヒトの関わり(概論)
 1.2 香りの生理心理的な効果
 1.3 香り利用の可能性と課題
 1.4 香りの官能評価における課題

2.香りの作用機構
 2.1 香りの生化学的な解析
 2.2 香りの心理学的な解析
 2.3 香りの生理学的な解析
 2.4 香りの新評価法による解析

3.香りの有効性評価法
 3.1 生理学的な評価法1(自律神経関連、免疫関連、温熱生理関連・・・)
 3.2 生理学的な評価法2(末梢循環関連、大脳生理関連・・・)
 3.3 心理学的な評価法(気分、心地良さ、疲労感、ストレス意識・・・)
 3.4 総合的な評価法(疲労低減の効果、飲用時の評価法・・・)
 3.5 その他の評価法(睡眠に関する評価、抗疲労評価、抗ストレス評価・・・)

4.香りの評価のための計測法の実演
 4.1 瞳孔対光反応計測に基づく香りの自律神経活動への作用解析
 4.2 皮膚温計測に基づく香りの交感神経活動への作用解析
 4.3 近赤外(NIRS)計測に基づく香りの大脳活動への作用解析

5.香りの評価法の課題
 5.1 香り評価実験を行う際の課題1(被験者選定、提示方法、揮散濃度、嗜好性の有無・・・)
 5.2 香り評価実験を行う際の課題2(測定法の選択、データ解析・・・)
 5.3 香り評価実験の組み立て方、実施方法、グローバル評価法

6.まとめと香り研究の展開
 6.1 講習会のまとめ
 6.2 香りによるQOLへの応用
 6.3 香り研究の展望

  □質疑応答□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ