製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
製品・技術

【通信講座】クリーン化技術の実践講座 -異物不良ゼロを目指して-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

【通信講座】

クリーン化技術の実践講座
-異物不良ゼロを目指して-

 

~これだけは実践して欲しい基本とすぐに効果が上がるノウハウ~

■塵埃を一気に半分以下に減らす方法■
■維持・運用・管理、静電気対策、清掃、作業員への教育■
■その場しのぎではないクリーン化の本質を習得■

 

開講日 2020年4月22日 (水)

講座回数

3回コース(4月22日~8月下旬)

1口の受講者数

1口3名まで受講可能

受講料(税込)
1口 60,500円 ( S&T会員受講料 57,475円 ) 
定価:本体55,000円+税5,500円
会員:本体52,250円+税5,225円
[1名参加も可能です]
 33,000円 ( S&T会員受講料 31,350円 )
  定価:本体30,000円+税3,000円
  会員:本体28,500円+税2,850円
[4名以上は、1口1人あたりの金額追加で受講可能です]
 
1人あたり20,167円( S&T会員受講料 19,158 )の金額追加で受講可能です

 

スケジュール

 

4月22日(予定) 第1講 開講(テキスト到着予定)
 
5月22日(予定) 第1講 演習問題解答提出締切
第2講 開講(テキスト到着予定)
 
6月22日(予定) 第2講 演習問題解答提出締切
第3講 開講(テキスト到着予定) 
 
7月22日(予定) 第3講 演習問題解答提出締切
 
8月下旬(予定) 修了証発行

 

受講条件

(1) PC の環境は必須です。
・通信講座の進行上の連絡はE-Mail で行います。

 本人の個別E-Mail アドレスをご用意ください。

・教材データ、演習問題解答用紙は、Word,Excel, PowerPoint,PDF などの

 データを使用いたします。

(2) 受講者全員のS&T 会員登録は必須です。
・通信講座の受講にあたってのテキストebook および教材データのダウンロード、

 講師への質問、修了証発行などに弊社S&T 会員マイページ機能を利用します。


※お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより会員登録のご案内を差し上げます。 

教材

テキスト:各受講者1冊、Excelデータ(演習使用)
ebook版:各受講者の閲覧可能PC数 2台/1アカウント(
同一アカウントに限る)

※テキストは、製本版の他に、ebookでも閲覧可能です。1人2台まで閲覧可能で会社のPCだけでなく通勤途中でもアプリから私物のタブレットでも学習できます。

 

※ebook版のダウンロードは、弊社S&T会員「マイページ」内で行います。
[対応デバイス] Win・Macの両OS、スマートフォン・読書端末(iPhone,iPadなど)
[フォーマット] PDF(コンテンツ保護のためアプリケーション

       「bookend」より閲覧)

 

【講師への質問】
受講者全員で共有できるよう講師へのQ&Aは基本的に受講者マイページに匿名にて掲載いたします。全質問の講師の回答が閲覧でき、参考になります。

  

講師

 

クリーンサイエンスジャパン 代表 工学博士 園田 信夫 氏 ※元三菱電機(株)

 

プログラム

 

 

第1講:塵埃の発生要因とその性質

 プログラム

 1.PM2.5みて浮遊塵埃を考える
2.微粒子の大きさとイメージ
3.製造ラインで見かける異物
4.塵埃の特徴とは何か?
5.発塵の由来
6.クリーン化の基礎データ

 6.1 通行人数と発塵量
 6.2 問題となる粗い粒子
 6.3 塵埃の大小と相関性
 6.4 塵埃の大きさと落下時間
 6.5 塵埃の落下と渦巻き
 6.6 扉の開閉と気流の発生
 6.7 各気流速度での塵埃の1min後の落下距離
 6.8 パッケージエアコンからの発塵
 6.9 材質の組合せによる発塵
 6.10 いろいろな紙からの発塵
 6.11 素手からの発塵と煙の発塵量
7.床面からの塵埃の舞い上がり
8.皮膚・毛髪からの発塵
9.クリーン化の4原則
10.クリーン化の目的と考え方
11.クリーンルームに頼らないクリーン化技術のアプローチ
12.クリーンルームに頼らないクリーン化へのガイドライン
13.クリーン化対策の実施項目
14.簡易ミニエンの有効性


  ■演習問題・添削■


 
第2講:クリーン化および静電気対策の考え方と進め方

 プログラム

1.クリーン化のガイドラインと考え方
2.クリーン化に関する使える標語
3.クリーン化に求められる姿勢
4.クリーン化に求められる6S
5.クリーンルームと一般作業室とのクリーン性の違い
6.装置・設備の粗い粒子対策の基本
7.非クリーンルーム内のクリーン化事例
  ・更衣室のクリーン化 ・簡易クリーンルームの導入 ・その他
8.持ち込み品の管理
9.静電気の基礎

 9.1 はじめに
 9.2 静電気について
 9.3 静電気対策の進め方
 9.4 静電気管理のガイドライン
 9.5 静電気と湿度の関係
 9.6 作業台周りの静電気対策のコンセプト
 9.7 器具備品の静電気対策例

  ■演習問題・添削■


 
第3講:効果が上がる清掃の仕方と作業員へのクリーン化教育
 プログラム
1.清掃時間の長さ
2.清掃の種類と用具
3.掃除方法の基本
  1)上から下へ
  2)奥から手前へ
  3)隅や狭い面から
  4)まず大きなチリ・ホコリ取り
  5)拭き取り痕がないように掃除する
  6)汚れの種類で洗剤を変える
  7)その他のチェックポイント
  ・掃除用具の取り扱いおよび点検・管理の仕方
  ・工具箱・工具のチェック
  ・搬入装置の梱包解きと拭き取り作業
4.掃除の意味と掃除の周期
5.各清掃方法の効果
6.発塵のモニタリング方法
7.持ち込み品の管理
8.6Sの見直しと定義

 8.1 クリーン化の新6S
 8.2 新6Sに基づく整理とは
 8.3 新6Sに基づく整頓とは
 8.4 新6Sに基づく躾・習慣とは
9.塵埃が見つかり易い所
10.塵埃対策おける設備・装置の注意点と配置
11.製造装置や関連設備およびその保全
12.クリーン化教育の重要項目
13.クリーン化に求められるコンセプト


  ■演習問題・添削■

※内容・目次について、テキストと一部異なる箇所がある際はご了承くださいませ。
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ