製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

11/11 【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ配信】対応 コロナで変化が加速した世界半導体産業の<<最新動向>> 生きるか死ぬかを左右する知恵と情報の羅針盤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
電気・電子・半導体・通信 生産:製造プロセス・化学工学 新規事業企画、市場動向  / 2020年10月06日 /  産業機械機器 電子・半導体 先端技術
イベント名 コロナで変化が加速した世界半導体産業の<<最新動向>> 生きるか死ぬかを左右する知恵と情報の羅針盤
開催期間 2020年11月11日(水)
13:00~16:30

このセミナーは、【会場での受講】の他に、【Live配信】または【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)】の
3つのパターンのいずれかでのご受講が可能です。

【会場】 2020年11月11日(水) 13:00~16:30
【Live配信】 2020年11月11日(水) 13:00~16:30
【Webアーカイブ配信】 2020年11月24日(火) ごろ配信開始予定(視聴可能期間:約10日間)

会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第2講習室
会場の住所 東京都〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2020年11月10日(火)16時
お申し込み受付人数 15  名様
お申し込み

ーいま、ホットな情報を提供するために緊急開催ー

 

例年当社で開催している激動の世界半導体業界を展望する湯之上氏の講演は、半導体業界とイノベーションについて、材料・技術・市場の動向や今後の展望などを一日で俯瞰し、半導体デバイス、装置、部材、設備、材料などの半導体関連企業が生き残る・勝ち残るために必要な情報を提供し、好評を博している。
 
2020年、半導体業界はコロナショックも相まって更なる激変の時代へと。
トランプ大統領のコロナ感染で米中ハイテク戦争はどうなる!?

刻々と変わる現況をしっかりと捉え、情報戦争に打ち勝とうとする企業のために、
「最新情報」に焦点を当て、いま、ホットな話題を抽出して緊急開催します!
渦中の時期、ホンハイからのコンサル打診には、企業の内情・姿勢を垣間見て一蹴、
そしてファーウエイからは3度ものコンサル打診を受けている湯之上氏は何を思うのか、
そしてその目に映る半導体産業の今後とは!?
 
【講演のキーワード】
トランプ米大統領、米中ハイテク戦争、ファーウエイ、TSMC、SMIC、EUV、ASML、インテル、サムスン電子、キオクシア、ニコン、日立ハイテク、ドライエッチング装置、ラムリサーチ、東京エレクトロン、NAND、DRAM、ファンドリー、NVIDIA、ARM
【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ配信】コロナで変化が加速した世界半導体産業の≪最新動向≫ 生きるか死ぬかを左右する知恵と情報の羅針盤

 

 
講師

 

微細加工研究所 所長 工学博士 湯之上 隆 氏

 

 受講料(税込)

 

44,000円(本体40,000円+税4,000円)※資料付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の22,000円

 

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講のみの場合)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
 ・1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ・お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ・他の割引は併用できません。

 

 趣旨

 

トランプ大統領がコロナに感染し、米中ハイテク戦争の更なる激化が予想される。それでなくても突如発生したコロナによって、世界半導体産業の激変が加速している只中にある。そして、日々、局面が変貌する半導体産業においては、「知っているか、知らないか」が企業の生死を分ける。米中戦争の台風の中心にいる台湾TSMCの動向は? それに巻き添えを食った中国のSMICはどうなるのか? その結果「中国製造2025」は壊滅するのか? 上場が延期になったキオクシアの未来はどうなる? 微細化でつまずいたインテルはファブレスになるのか? その微細化ではEUVとドライエッチング装置を巡ってどのような動きがあるのか? サムスン電子は本当にEUVを使ってDRAMを生産しているのか? NVIDIAによるARMの買収で半導体業界はどう変化するのか? 
 本セミナーでは、半導体に関係する企業が、知らなければ、生存が危ぶまれるであろう最新情報と業界の裏事情を解説する。

 

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

 米中ハイテク戦争の本質と最新動向、DRAM&NAND市場と技術動向、キオクシアの現状と将来展望、微細加工技術の最新動向、TSMC、サムスン電子、インテルの動向とその影響、EUVの最新動向と課題、ドライエッチング装置の最新動向、NVIDIAによるARM買収の成否、コロナ禍の半導体市場と製造装置市場動向、2050年までの半導体市場予測

 

<対象>

半導体関連企業(デバイスメーカー、装置メーカーとその部品、材料、設備メーカー、半導体材料メーカー)、および、半導体を搭載しているセットメーカー(PC、サーバー、クラウド、スマホ、デジタル家電、クルマ)などの経営者、営業、マーケテイング、技術者

 

 

<講演内容>

1.はじめに
 1.1 自己紹介
 1.2 本セミナーの概要と結論
                            
2.トランプ大統領のコロナ感染で更に激化する米中ハイテク戦争

 2.1 なぜ米国はファーウエイを攻撃するのか(トランプ大統領の意向に関係なし)
 2.2 ファーウエイとはどのような企業なのか
 2.3 米国によるファーウエイへの攻撃は二重構造
 2.4 既に2段階目が施行された国防権限法2019の恐怖
 2.5 3段階で厳格化されたファーウエイへのエンティティーリスト
 2.6 TSMCに見捨てられたファーウエイへの打撃
 2.7 SMICの悪あがきとその断末魔
 2.8 米大統領選がどうなろうともファーウエイが倒産するまで米国の攻撃は続く
 2.9 日本の半導体メーカー、装置メーカー、材料メーカーへの影響

3.株式上場が延期となったキオクシアの将来展望
 3.1 日米韓連合による買収から上場に至るまでの経緯
 3.2 複雑怪奇なキオクシアの株主構成
 3.3 株式上場による資金調達がたったの853億円
 3.4 なぜ10月6日の株式上場が延期になったのか
 3.5 NAND市場と技術動向の展望
 3.6 NANDのメモリホール用エッチャーでLamとTELの明暗が分かれた
 3.7 キオクシアには明るい展望が描けない(キオクシアはどうするべきか)

4.微細加工技術の最前線
 4.1 ロジック半導体とファンドリーの微細化の現状
 4.2 未だに10nmが立ち上がらないインテル
 4.3 TSMCに生産委託しているAMDがインテルを抜く日は近い
 4.4 インテルがファブレスになった場合の影響(直撃を受けるニコンと日立ハイテク)
 4.5 TSMCとサムスン電子の2社に絞られた最先端の微細化の競争
 4.6 ASMLの最先端露光装置EUVの現状と課題
 4.7 TSMCとサムスン電子のEUVの立上状況
 4.8 EUVを独占し微細化の最先端を快走しているTSMCの苦悩
 4.9 サムスン電子がDRAMにEUVを適用していることの真偽(ほとんど嘘)
 4.10 革新的エッチャーsense iをリリースしたLamと極低温エッチャーに失敗したTEL
 4.11 ムーアの法則の展望とは  

5.NVIDIAによるARMの買収
 5.1 なぜソフトバンクはARMを売却したのか
 5.2 NIVIDIAによるARMの買収はうまくいくのか
 5.3 中国はこの買収を認可するか
 5.4 半導体業界における買収で成功事例は無い

6.知恵と情報が企業存亡を決定する
 6.1 コロナ禍でも世界半導体産業は成長している
 6.2 半導体製造装置産業もV字回復し成長路線へ
 6.3 スマート化を推進した半導体と装置メーカーが躍進する時代へ
 6.4 あらゆる分野で「1強+その他」の状況が加速
 6.5 1強になるか、その他になるか、を左右する知恵と情報
 6.6 2050年までの半導体産業成長予測

  

 □質疑応答□

 

※概ね上記内容に沿った進行を予定しておりますが、新たに報じられる情報など、
トレンドを重視して詳細プログラムが更新される可能性もございます。
 
 
<会場受講について>
 本会場の通常定員は69名ですが、本セミナーでは15名前後の定員とさせていただきます。
 定員になり次第、会場受講は受付終了とさせていただきますので、お早めにお申込みください。
 
 
【Live配信対応セミナー】【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
 ※お申し込み画面で【会場受講】または【Live配信】または【WEBセミナー】のいずれかをご選択ください。
 ※【Live配信】【WEBセミナー】の申込受付締切も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

【Live配信セミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴いただきます。
 ・開催当日、S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料はマイページからPDFデータ(印刷可)をダウンロードしてご利用ください。
 ・開催日時にリアルタイムでチャットにて講師へのご質問も可能です。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)

【WEBセミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
  ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,PWをメールにてご連絡申し上げます。
 ・視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料はマイページからPDFデータ(印刷可)をダウンロードしてご利用ください。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)
 

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ