製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

9/17 【Live配信(リアルタイム配信)】研究開発・設計・生産(製造)部門が学びたい 原価&コスト計算の基礎と戦略的活用パターン【演習付】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
生産:製造プロセス・化学工学 新規事業企画、市場動向  / 2021年06月09日 /  自動車 電子・半導体 光学機器
イベント名 研究開発・設計・生産(製造)部門が学びたい 原価&コスト計算の基礎と戦略的活用パターン【演習付】
開催期間 2021年09月17日(金)
10:30~16:30
※会社・自宅にいながら受講可能です※
会場名 Live配信セミナー(リアルタイム配信)
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2021年09月16日(木)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

研究開発・設計・生産(製造)部門が学びたい
原価&コスト計算の基礎と戦略的活用パターン

【演習付】

イチから学ぶ原価のしくみと、実務を想定した活用方法
(コストダウン対象の見つけ方・設備投資・生産中止判断等)

 

受講の際は、電卓をご用意ください(演習問題で使用いたします)

 

「設計時のコスト管理が重要視されてきた」「今更だけど、学ぶ機会がなかったから……」
という方に!
身近な事例と簡単な数字で例えながらやさしく学ぶ「材料費・加工費の試算方法」


【戦略的活用パターン】
5つの演習問題を通じて、その日の講義で学んだことをその場ですぐ実践してみる演習付講座。
「真にコストダウンすべき対象を探す製品ポートフォリオ分析」
「赤字製品でも受注すべき場合」「設備投資にかける金額の決め方」…… 原価計算の恩恵を多々ご紹介。
コストダウン、利益創出、投資などへの意思決定を、論理的に考え実行するために。

 

講師

 

(株)MEマネジメントサービス 代表取締役 小川 正樹 氏

 

 受講料(税込)

  

49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 )※資料付

   定価:本体45,000円+税4,500円
   E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額24,750円) 

 

テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 

 趣旨

 

  製品原価は仕様書や図面が完成した段階で80%が決まります。
企業が利益を上げるための最も有効な方法は原価を下げることであり、それは仕様書や図面を作成する研究者・技術者に委ねられています。原価を下げる第一歩は、原価計算による原価の見える化から始めますが、製品原価を自由自在に把握できる研究者・技術者は、自信を持って日常の業務に取り組み、会社の業績に貢献しています。

 本講座は、研究者・技術者の方々に製品原価をコストダウンと、利益を得るために必要な原価計算とコスト試算の技術ノウハウを豊富な事例と演習を交えて徹底指導します。また、参加者の原価計算スキルを短時間で向上させるために受講前のキーワード確認、受講後の復習問題でのフォローアップも充実しています。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

・事前の原価計算をするポイントが明確になります
・歩留計算を含め、正しい材料費計算ができます
・加工費レート、設備費レートが設定できます
・段取時間、加工時間、設備時間の扱い方が整理できます
・生産形態に対応した正しい加工費が計算できます
・コストダウンすべき製品の優先順位がわかります
・意思決定、損得計算のポイントが明確になります

 

<対象>

・製品開発・設計に携わる研究開発者、技術者、管理者、プロジェクトリーダー
・原価企画に携わる研究開発者、技術者、管理者、プロジェクトリーダー
・技術企画などコストダウン推進リーダーの方々 など
・生産・製造技術に携わる研究開発者、技術者、管理者、プロジェクトリーダー

 

<講演内容>

1.研究者・技術者に必要な原価計算の基礎知識 
・IoT時代のものづくりと原価のしくみ
製品からみた直接費と間接費とは
仕事量からみた変動費と固定費とは 
意思決定からみた差額原価と機会原価とは 
・事前コスト検討に必要な原価計算
スマート工場に必要な原価計算
ロットの違いによる原価への影響を考慮
工数から設備時間へ
 
≪演習:原価の基礎を確認しよう≫ 


2.研究者・技術者に必要な材料費の試算ノウハウ 
・材料単価表の作り方
価格構成の基準設定
相場材料の単価設定
購入品・外注品の単価設定 
・歩留まりで決まる材料消費量の算定
製品単位あたり寸法と面・体積計算
使用材料の形状・寸法・取数決定 
 
≪演習:製品1個の材料費を試算する≫ 


3.研究者・技術者に必要な加工費の試算ノウハウ 
・加工賃率(加工費レート)とは
加工費レートに含める原価
・加工賃率(加工費レート)を設定
製造部門と補助部門に分解
個別費と共通費とは
配賦基準とは 
・変動費と固定費の分解計算
変動費レート・固定費レートの設定 
・減価償却費とは
定率法と定額法で異なる償却費の計算方法
グローバル会計(IFRS)の償却費とは
設備費レートの設定ポイントは耐用年数
金型・治工具の設定ポイントは生涯生産量 

≪演習:加工費レートを試算する≫ 

・加工費の計算式
加工費に含める時間とは
変動加工費の計算方法
固定加工費の計算方法 
生産数量の違いによる加工費のシミュレーション 

≪演習:製品1個の加工費を試算する≫


4.研究者・技術者に必要な原価計算の活用ノウハウ 
・コストダウンに結びつく原価計算の活用
付加価値率と限界利益率とは
コストダウン対象製品を探す原価のポートフォリオ分析
限界利益を求める部分原価計算 
・利益に結びつく原価計算の活用
利益図表の作り方
損益分岐点とは
損益分岐点の活用

≪演習:赤字製品の生産を中止するか継続するか、赤字受注をするか、値引きの要求に応じるか≫

・意思決定に結びつく原価計算の活用
省人化設備やロボットの投資はいくらまでか
ものの運搬と人と設備のどちらが得か
仕事量の違いで投資の効果が変わってくる

 □ 質疑応答 □

 

 

【ZoomによるLive配信】

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。

 PCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。

・申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。

・事前に「Zoom」のインストール(または、ブラウザから参加)可能か、

 接続可能か等をご確認ください。

・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・セミナー中、講師へのご質問が可能です。

 

<配布資料>

製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、
 セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

   

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ