製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

8/30 【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ付】 <180分で要点を学ぶ> 医療機器サイバーセキュリティセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
医療機器 開発・薬事・製造  / 2021年07月20日 /  医療・バイオ
イベント名 【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ付】 <180分で要点を学ぶ> 医療機器サイバーセキュリティセミナー
開催期間 2021年08月30日(月)
13:00~16:00
※会社・自宅にいながら受講可能です※
会場名 Live配信セミナー(リアルタイム配信)
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2021年08月29日(日)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ付】

<180分で要点を学ぶ>
医療機器サイバーセキュリティセミナー

~欧州医療機器規制(MDR)において要求されてるサイバーセキュリティの確保とは~

 

 ※<アーカイブ視聴付き(10日間、いつでも何回でも)>※ 


>> 医療機器企業は、サイバーセキュリティを確保した設計開発を確実に実施し、
      医療現場に提供することが求められます。

『一体どのようなリスクマネジメントを実施し、

どのような記録を作成する必要があるのでしょうか。』

■ サイバーセキュリティとは
■ サイバー攻撃のリスクとは
■ サイバーセキュリティ確保のためのリスクマネジメントとは
■  短時間で要点を理解!!

 

講師

 

(株)イーコンプライアンス 代表取締役 村山 浩一 氏

 

 受講料(税込)

 

33,000円 ( E-Mail案内登録価格 33,000円 )※資料付

   定価:本体30,000円+税3,000円
   E-Mail案内登録価格:本体30,000円+税3,000円

※当セミナーは、E-mail案内登録価格の適用はございません。定価のみでの販売となります。

 

 趣旨

 

 IoT機器等の基盤となる通信技術の進歩に伴い、今後も医療機器が医療機関のネットワーク、

他の医療機器又は電子機器と接続される機会がさらに増加することが想定されます。
これにより医療機器がデータ通信による外部からの不正な侵入のリスクに晒される機会が増加することになります。
ネットワークを介して医療機器がサイバー攻撃を受けるリスクや、当該医療機器が接続された医療機関等のネットワークを介して他の医療機器やコンビュータ等もサイバー攻撃を受け、

障害が引き起こされる可能性もあり得るでしょう。
医療機器がサイバー攻撃を受けた場合のリスクには下記のものが考えられます。

1. 検査装置・診断装置:検査の中断や誤った診断に至る可能性
2. 治療に用いられる装置:治療の中断等の事象の発生の可能性
3. 放射線治療の線量等の計算プログラム:過量照射や不十分な量の照射が発生する可能性

医療機器企業は、サイバーセキュリティを確保した設計開発を確実に実施し、医療現場に提供することが求められます。

「一体どのようなリスクマネジメントを実施し、どのような記録を作成する必要があるのでしょうか。」

また医療機関における使用中においても、意図する使用環境の運用、情報共有、脆弱性の修正、インシデントの対応などが適切になされることも重要であることは言うまでもありません。本邦においては2017年に「医療情報システムの安全管に関するガイドライン」、2015年に「医療機器におけるサイバーセキュリティの確保について」などの通知が発出されています。
またIMDRF(国際医療機器規制当局フォーラム)もサイバーセキュリティに関するガイダンスを発行しています。
さらに今年の5月26日から完全施行された欧州医療機器規制(MDR)においてもサイバーセキュリティの確保が求められています。
本セミナーでは、180分間で医療機器におけるサイバーセキュリティ確保の要点を分かりやすく解説します。

 

 プログラム

 

1.サイバーセキュリティ概要
  ・サイバーセキュリティとは
 ・医療機器におけるサイバー攻撃のリスク
 ・サイバー攻撃の実例

2.サイバーセキュリティに関するガイドライン
 ・本邦におけるサーバーセキュリティに関するガイドライン
 ・IMDRFによるサーバーセキュリティに関するガイドライン
 ・欧州医療機器規制(MDR)によるサイバーセキュリティ要求

3.サイバーセキュリティを考慮したリスクマネジメントの実施方法
 ・リスクマネジメントワークシート
 ・ハザードの抽出
 ・サイバー攻撃リスクの特定
 ・リスクコントロール策の決定

  □質疑応答□

 

【ZoomによるLive配信】

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。

 PCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。

・申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。

・事前に「Zoom」のインストール(または、ブラウザから参加)可能か、

 接続可能か等をご確認ください。

・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・セミナー中、講師へのご質問が可能です。 

 

<配布資料>

・Live配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。 (開催日前日を目安に、ダウンロード可となります)
  ※ダウンロードには、会員登録(無料)が必要となります。   

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ