製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

10/28,10/31 <2日間セミナー> はじめてのPython【演習付】と教師あり学習・教師なし学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
電気・電子・半導体・通信 ICT・情報処理  / 2022年09月21日 /  IT・情報通信 先端技術
イベント名 <2日間セミナー> はじめてのPython【演習付】と教師あり学習・教師なし学習
開催期間 2022年10月28日(金) ~ 2022年10月31日(月)
【1日目】 2022年10月28日(金) 10:30~16:30
【2日目】 2022年10月31日(月) 10:30~16:30
※会社・自宅にいながら受講可能です※
会場名 ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナー
会場の住所 オンライン
お申し込み期限日 2022年10月27日(木)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

<2日間セミナー>
はじめてのPython【演習付】と教師あり学習・教師なし学習

 

【所属業界は特に関係ありません。Pythonを学びたい方、機械学習・深層学習へ】

 

受講可能な形式:【Live配信】のみ
 
★ 大量のデータを扱っていて、データの山から知識を引き出したい、
  機械学習で有効活用したい方へ。

★ 手っ取り早くPythonを学びたい方、
  代表的な機械学習(教師あり学習、教師なし学習)を学びます。
 

 
【※注意事項※】
本セミナーでは、演習を行いますので、以下の条件を満たしたノートパソコンをご準備下さい。
PCは1台で結構ですが、セミナー視聴用PCと演習用PCは分けた方が受講しやすいかもしれません。

1) プラットフォームは、Windows、Linux、MacOSを問いません。
2) 演習環境を統一したいので、事前にAnacondaを用いて、Python 3.x(バージョン3系)をインストールしておいて下さい。
3) Anacondaを利用すると、演習で必要な標準・外部ライブラリがほとんど自動インストールされます。
4) 演習で使用するサンプルコードは、セミナー開催前に配布いたします。
5) 本セミナーでは、Pythonの統合開発環境(IDE)として、Spyderを用いて説明を行います。事前にSpyderをインストールしておいていただけるとスムーズに演習が行えます。なお、Anacondaを利用した場合は、Spyderは自動インストールされます。
6) 教師あり学習、教師なし学習とも、「各種学習アルゴリズムの基礎理論と実践演習」では、当日の進行状況に応じて、すべての手法が取り上げられない可能性があります。

 

講師

 

愛知県立大学 情報科学部 教授 小林 邦和 氏
愛知県立大学 次世代ロボット研究所 副所長(兼任)

【経歴】
山口大学工学部助手、同助教、愛知県立大学情報科学部准教授を経て、2017年4月より現職、この間、ヒューストン大学工学部医用生体工学科客員研究員を兼任.博士(工学).
【専門】
機械学習(人工知能)、知能ロボティクス、ソフトコンピューティング
【所属学会】
米国電気電子学会(IEEE)、アメリカ人工知能学会(AAAI)、電子情報通信学会(IEICE)、電気学会(IEEJ)、人工知能学会(JSAI)、計測自動制御学会(SICE)、ロボカップ日本委員会(RoboCup Japan)の各会員.
【学会活動】
電気学会技術シーズ創出に向けた機械学習協同研究委員会委員長(2012~2014年)、電気学会学習アルゴリズムの高度化を指向した機械学習技術協同研究委員会委員長(2014~2016年)、ICAROB国際プログラム委員会委員(2014~2019年)などを歴任.
現在、Journal of Robotics, Networking and Artificial Life編集委員(2014年~)、電気学会論文誌特集号編修小委員会委員(2014年~)、電気学会システム技術委員会1号委員(2017年~)、ICAROB国際組織委員会委員(2019年~)、あいちロボカップAP2020開催委員会競技専門部会部会員(2019年~)、ロボカップ日本委員会理事(2019年~)、電気学会論文誌特集号編修小委員会委員長(2022年)などを務める.
【受賞】
ANNIE最優秀論文賞(1994年)、ロボカップジャパンオープン 小型ロボット車輪型優勝(2013年)、ロボカップ研究賞(2014、2015、2022年)、ロボカップ・ジャパンオープンサッカー標準プラットフォームリーグ優勝(2014、2015、2018、2019年)、同準優勝(2016、2017年)、電気学会電子・情報・システム部門大会企画賞(2016年)、ロボカップ世界大会サッカー標準プラットフォームリーグチャレンジシールド部門優勝(2017年)、同第3位(2018年)、人工知能学会賞(2018年)など.
【講師WebSite】
https://researchmap.jp/read0185135/

 

 

※詳細・お申込みは上記

「お申し込みはこちらから」(遷移先WEBサイト)よりご確認ください。

 

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ