製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

11/16 コンパニオン診断薬の基礎と開発ノウハウ (臨床的意義、精度管理、個別化医療、承認申請)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 コンパニオン診断薬の基礎と開発ノウハウ (臨床的意義、精度管理、個別化医療、承認申請)
開催期間 2022年11月16日(水)
13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022年11月28日(月) ごろ配信予定
(視聴期間:配信後10日間)
※会社・自宅にいながら受講可能です※
会場名 【ZoomによるLive配信セミナー】アーカイブ配信付き
会場の住所 オンライン
お申し込み期限日 2022年11月15日(火)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

コンパニオン診断薬の基礎と開発ノウハウ
(臨床的意義、精度管理、個別化医療、承認申請)

 

~臨床的重要性、精度管理、開発、成功事例とトラブル・失敗事例に学ぶ~
~臨床研究、臨床性能試験のここがポイント~

 

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

近年医療分野においては、有用なバイオマーカーや遺伝子情報に基づく
診断法の確立ならびに疾病の早期診断・早期治療がきわめて重要となっている。

本セミナーでは、これらの開発に求められる要素技術、
コンパニオン診断薬の事業戦略及び共同研究を含めた研究開発のあり方や進め方、
効率的に推進するためのプロセスとノウハウについて、
薬事規制の動向や将来展望も交えて解説する。

【得られる知識】
1. コンパニオン診断薬・体外診断薬を取り巻く環境と国内外の薬事規制
2. コンパニオン診断薬・体外診断薬開発における要素技術とその応用
3. 産学連携等、共同研究の進め方
4. 臨床性能試験の実務と留意点
5. 個別化医療におけるコンパニオン診断の役割
6. 製造販売承認と保険適用
  
Live配信受講者 限定特典のご案内】
当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として
「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。 

  

講師

 

LPS(Laboratory Program Support)コンサルティング事務所  代表
博士(学術)、Ph.D.  田村 弘志 氏
 ≫【講師紹介】

[兼任] 順天堂大学 医学部 生体防御学教室 非常勤講師/東京薬科大学 薬学部 非常勤講師

 

 

※詳細・お申込みは上記

「お申し込みはこちらから」(遷移先WEBサイト)よりご確認ください。

 

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ