製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

1/24 金属3Dプリンタの基礎と組織制御・高機能化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 金属3Dプリンタの基礎と組織制御・高機能化
開催期間 2023年01月24日(火)
13:00~16:30
※会社・自宅にいながら受講可能です※
会場名 ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナー
会場の住所 オンライン
お申し込み期限日 2023年01月24日(火)13時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

金属3Dプリンタの基礎と組織制御・高機能化

 

~基本原理から、形状・材質制御、シミュレーション・AIによる最適化、品質管理まで~

 

受講可能な形式:【Live配信】のみ 

 
金属3Dプリンタの原理、内・外形状制御、組織・結晶配向制御、機能性発現、
シミュレーションによる機能の最適化、逆問題解析によるプロセスパラメータの最適化、
出発原料・造形物の品質管理、国内外の動向など。
金属3Dプリンタを活用するための基礎から応用までを詳しく解説します!

 

得られる知識

金属3Dプリンタの原理と基礎(熱源をレーザと電子ビームを比較しつつ)
金属3Dプリンタにより可能となる内・外形状制御と組織・結晶配向制御と機能性発現
金属3Dプリンタの将来

 

 講師

 

大阪大学 大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻 教授 博士(工学)  中野 貴由 氏


専門:AM材料学、生体材料学、材料強度学
大阪大学工学研究科附属異方性カスタム設計・AM研究開発センター・センター長(兼任)
(公社)日本金属学会会長
研究室HP: http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/msp6/nakano/
講師詳細 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E8%B2%B4%E7%94%B1 

 

 セミナー趣旨  

 

  3Dプリンタは,デジタル時代におけるIoTの申し子ともいうべき手法であり,カスタマイズ設計・生産に対応可能なプロセスです。中でも金属3Dプリンタは,金属材料を局所的に溶融/凝固することで複雑形状の付与のみならず原子レベルでの結晶配向をも制御可能であり,形状・材質の同時設計による造形物の高機能化を実現します。そのため,医療・エネルギー関連・航空宇宙・自動車などの様々な社会基盤分野での応用,さらには高付加価値化の手段として期待されています。
 本講演では、3Dプリンタ市場の今後の展開を見据えつつ,金属3Dプリンタにより初めて実現される新たなモノづくりについて,その基礎から応用に至るまでを紹介させていただきます。

 

 セミナー講演内容  

 

 1.3Dプリンタ(AM:Additive manufacturing,付加製造)の基礎
 1.1 3Dプリンタとは
 1.2 3Dプリンタの歴史
 1.3 3Dプリンタの種類
 
2.金属3Dプリンタの基本原理
 2.1 粉末床溶融結合法(PBF)
 2.2 指向性エネルギー堆積法(DED)
 2.3 熱源による特徴(レーザと電子ビームを比較しつつ)
 
3.金属3Dプリンタによる形状・材質制御
 3.1 形状設計と制御法
 3.2 材質制御法
 3.3 形状・材質の同時制御による機能発現
 
4.計算機シミュレーション

 4.1 計算機シミュレーションを用いた機能の最適化
 4.2 逆問題解析(AI)を用いたプロセスパラメータの最適化
 
5.出発原料ならびに造形物の品質管理
 5.1 原料粉末特性
 5.2 インプロセスモニタリング
 
6.世界ならびに日本の3Dプリンタの動向
 
7.大阪大学工学研究科附属異方性カスタム設計・AM研究開発(金属AM)センターについて
 
8.日本AM学会の設立に向けたAM研究会の活動について
 
9.金属3Dプリンタの事例紹介と今後の展望

 
□質疑応答□ 

※詳細・お申込みは上記

「お申し込みはこちらから」(遷移先WEBサイト)よりご確認ください。

 

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ