製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

6/28 入門講座 高機能フィルムの製造技術とその工程

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 入門講座 高機能フィルムの製造技術とその工程
開催期間 2024年06月28日(金) ~ 2024年07月11日(木)
【ライブ配信】2024年6月28日(金)10:30~16:30
【アーカイブ配信】2024年7月11日(木)まで受付
(視聴期間:7/12~7/26)
※会社・自宅にいながら受講可能です※
会場名 【Live配信(Zoom使用)受講】もしくは【アーカイブ配信受講】
会場の住所 オンライン
お申し込み期限日 2024年07月11日(木)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

入門講座
高機能フィルムの製造技術とその工程

~製膜、成膜、塗布乾燥、貼り合わせ、断裁の全体プロセス~

 

受講可能な形式:【ライブ配信】or【アーカイブ配信】のみ

フィルムはどのようにして製造されるのか、各工程で重要なことは何か
フィルムのメーカー、ユーザー、材料メーカー、製造装置、
プロセスに携わる方々に一気通貫でやさしく解説
 
【得られる知識】
・フィルム製造に関する全般知識、技術概要の把握
・フィルム成形/塗布乾燥/ラミネートなどの工程技術に関する基礎/実践知識
・実際の現場におけるトラブルとその対策例の理解
 
【対象】
・フィルム製造技術を担当してから、1~3年目くらいの技術者、研究者
・フィルム製造や加工に関心のある方、学びたい方
 
キーワード:高機能フィルム、光学フィルム、フィルム成形、製膜、延伸、PET、TAC、塗工、塗布、コーティング、乾燥、欠陥、トラブル対策、スロット塗布、ロール塗布、ラミネート
  
 講師

 

ホサナ技研 代表 小川 正太郎 氏
※元富士フイルム(株)
【講師紹介】 

 

 セミナー趣旨

 

 プラスチックフィルムは、電子、医療、食品をはじめとした、ほとんど全ての産業で使用され、なくてはならない材料となっている。中でも、通信・エネルギーの分野では、高耐久・高強度などの性能を満たした、高機能フィルムの市場が拡大している。一般に、高機能フィルムの製造は、フィルム成形~塗布~乾燥、場合によってはラミネートの工程が含まれるが、どれも重要かつ高度な製造技術が構築されている。これらは、ロールtoロールにより連続製造されるので、他の工業材料分野でも利用できる汎用性の高い基盤技術である。
 本セミナーでは、高機能フィルム製造に関わる、「製膜、成膜、塗布乾燥、貼り合わせ、断裁」の全体プロセスこれらの技術内容について、分かり易く解説するとともに、実際の製造で発生する、様々な欠陥や問題について、その対策に役立つような事例等も紹介したい。

 

 セミナー講演内容

 

1.高機能(機能性)フィルム
 1-1 高機能フィルムとは
 1-2 高機能フィルムの構成
 1-3 高機能フィルムの製造
 1-4 樹脂/フィルムの種類

2.フィルム製膜・延伸技術
 2-1 製膜方法
   (溶融製膜と溶液製膜)
 2-2 PETフィルムの特徴
   (PETの種類、延伸の分類、延伸による特性変化など)
 2-3 PETフィルムの製法
   (製造全体フロー、重合~ペレット化、押出、製膜、延伸)
 2-4 PETフィルム製造におけるトラブルと対策
 2-5 TACフィルムの特徴
   (基本特性)
 2-6 TACフィルムの製法
   (製造全体フロー、溶解、押出、製膜、ドラム式、バンド式)
 2-7 TACフィルム製造におけるトラブルと対策
 2-8 フィルム成形技術まとめ

3.塗布技術
 3-1 塗布の基礎
   (塗布技術のポイント、方式の分類、塗布設備の構成、方式の選択)
 3-2 ロール塗布技術
   (リバースロール、グラビア、キス、マイクログラビア、ワイヤバーほか)
 3-3 ロール塗布での欠陥と対策例
   (リビング、ムラ、斑目、スジ、ハジキなど)
 3-4 ダイ塗布技術
   (ダイヘッドの構造、ダイ設定~塗布開始の手順例など)
 3-5 ダイ塗布技術課題
   (ビード安定化、コーティングウインドウ、高速化における課題など)
 3-6 塗布技術まとめ

4.乾燥技術
 4-1 乾燥工程の基礎
   (乾燥の分類、基本原理、乾燥曲線など)
 4-2 乾燥での欠陥と対策
   (ピンホール、皮張り、乾燥ムラ、風ムラなど)
 4-3 特許にみる、風ムラ対策
 4-4 乾燥技術まとめ

5. ドライラミネート技術
 5-1 ラミネートとは
   (特徴、構成例など)
 5-2 ドライラミにおけるトラブル対策
   (シワ、カールなど)
 5-3 ドライラミに関する特許例

6.フィルム裁断技術
 6-1 裁断方法の種類
 6-2 裁断における課題・トラブル

7.補足1…濡れ性の基礎
 7-1 表面張力と接触角
 7-2 界面活性剤の働き
 7-3 表面処理方法例など

8.補足2
 8-1 多層フィルム製造
 8-2 コーティング方式のバリエーション

□質疑応答

 

※詳細・お申込みは上記

「お申し込みはこちらから」(遷移先WEBサイト)よりご確認ください。

 

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ