製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス-金属・アルミナ-金属・異種金属などの高気密接合
事例

海外部品の「高い」「納期がかかる」「品質が良くない」を解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

あるお客様から、こんなご相談を受けました。

「石英と金属をろう付けできないか?」

 

詳しいお話を伺いますと、

ある装置に取り付ける重要な部品らしく、海外製で「高い・納期がかかる・品質が良くない」とのこと。国内で同じような部品を製作してくれるメーカーを探されているとのことでした。また、現状は接着剤で石英と金属を接着させているらしく、耐久性に問題があるとのことでした。

 

弊社からはろう付けを行う為、石英からサファイアに変えて、ろう付けのご提案させていただき製作させていただきました。

お客様からは、「コストが抑えられ、納期が短縮できる」「気密性が増した」などのお言葉をいただきました。

 

このような、海外製で「高い・納期がかかる・品質が良くない」など、お困りの方は一度当社へお問合せ下さい。

図面がなくても、現物をお預かりし図案化いたします。

使用環境に応じたろう材を選択させていただきます。

 

サファイア―金属のろう付け接合のことなら、富士通特機コンポーネントへ是非お問合せ下さい。