製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス-金属・アルミナ-金属・異種金属などの高気密接合
製品・技術

ガラス-金属接合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
接合技術 ガラスー金属接合  /  産業機械機器 電子・半導体 試験・分析・測定

 

コバール封止

 

 

 ※耐熱温度:-196℃~400℃(参考)

 ※リークレート(出荷試験保証値)

      :1.0×10-9 Pa・m3/sec.(He)以下

 

 

 

 

熱膨張係数の一致したコバール金属とコバールガラスは、直接、接合することが

できます。 

コバール金属はろう付けやTIG溶接で他の金属部品と接合できるため、ステンレス製

フランジなど各種金属部品と透明なガラス管を接合したガラスアダプタ製品を製作

することが可能です。

 

異種ガラス管接合(段継ぎ接合)

 

※段継ぎ加工対応可能外径;φ50以下

     ガラス段継ぎ管のみの製作についても

     対応いたします。

 

 

      熱膨張係数の異なるガラス管を直接接合した

      場合、膨張差による歪により、割れやクラック

      を生じます。  

      弊社では、熱膨張係数の異なるガラス管の間に

      複数の中間ガラスを介在させて、歪を軽減

      しながら接合する段継ぎ接合が可能です。 

      この方法を用いることにより、コバールガラス

《石英&パイレックス段継加工》    のみならずホウケイ酸ガラスや石英など用途に

                                                応じて最適なガラス材料を用いたガラスアダプタ

                 製品が実現できます

 

ガラス-金属接合に関するお問い合わせはお気軽にご連絡ください。