製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス-金属・アルミナ-金属・異種金属などの高気密接合
製品・技術

異種金属、セラミック(アルミナ)/サファイア-金属接合(Brazing)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メタライズ ロウ付け(ブレージング)  /  セラミックス 電子・半導体 光学機器

異種金属接合

  水素雰囲気中、もしくは真空中で加熱し、ろう材を溶融し接合するため、

   ノンフラックスで酸化のないクリーンな接合が可能です。

   融点の異なるろう材を使用することにより、数段階に分けた順次接合を行う

   ことが出来るため、複雑な形状のろう付け部品を製作できます。

 

        Auろう材(BAu-1):融点約990~1015℃

        Agろう材(BAg-8):融点約780℃

 

セラミック(アルミナ)/サファイア-金属接合

    アルミナやサファイアは接合部にメタライズ(金属化)加工を施すことにより、

    コバール金属部品に接合することが可能です。

    ※アルミナ(高純度99.5%以上)を標準としています。

   支給材、その他ご指定のアルミナはメタライズとの相性

   テストをさせていただきます。

         メタライズ焼結:約1400℃

       

    また材質によっては、

    活性ろうを使用することでメタライズを施す

    ことなく真空雰囲気にて接合できるものも                 《絶縁端子、絶縁継手 》

    あります。

   Agろう材(BAg-8):融点約780℃

 

 

    サファイア接合部品は高温部を直接観察できる

   窓材として、高い絶縁性を持つアルミナを                  《サファイアビューポート》

   使用したフィールドスルーは電流用端子や電気端子

 などの用途で使用されています。   

                                                     

 

 

 異種金属、セラミック(アルミナ)/

 

   サファイア-金属接合に関する

 

 お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

                           

                                                                                       《ハーメチック端子