製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス-金属・アルミナ-金属・異種金属などの高気密接合
製品・技術

石英・ガラス精密細線加工(リドロー加工)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
接合技術 ガラス加工(リドロー法)  /  医療・バイオ 化学・樹脂 試験・分析・測定

 

石英・ガラス精密細線加工(リドロー加工)

 

 


Φ(1.7)×φ0.25 Φ(1.7)×φ0.50 Φ(1.7)×φ0.75

 

リドロー加工とはガラス母材を精密に制御された装置で、精密に相似縮小し、リサイズする方法であり、メーカーの標準規格にない特殊サイズのパイプやロッドが製作できます。 

また製品は最大1000Lの手折りカット品(±2)から機械切断(±0.1)による精密ビーズ加工品など、用途に合わせ、数本レベルの小ロットからでも対応いたします。  

 

 

特徴
  • 製作可能材質:石英、ホウケイ酸ガラス、ソーダガラス、コバールガラス
  • 製作可能サイズ:φ0.4~φ6
  • 加工最大長さ:1000L
  • 内径最小公差(実績):±0.01

 

 

異形管・特殊形状管製造

バイレックスの高精密管
内径公差φ2±0.01mm

 

石英の四角穴加工
50~250μmの角穴

当社ではガラス平面接合技術等を応用して製作した多体複合母材をリドロー加工することにより、角穴毛細管等の特殊形状ガラス線材を製作することが可能です。

 

 

Q&A