製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス加工/ガラス-金属・アルミナ-金属・サファイア-金属・異種金属などの高気密接合
製品・技術

ガラス細線加工(リドロー加工)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ガラス細線加工(リドロー加工)  /  電子・半導体 試験・分析・測定 光学機器

富士通特機コンポーネントでは、各種ガラスの細線加工(リサイズ加工)を行っております。

 

ガラス管やガラス棒を精密に制御された装置で、高精密にリサイズすることが可能です。

 

ガラス材料メーカーのカタログ標準規格にはない特殊サイズのガラス管やガラス棒を小ロットから製作いたします。

 

 <対応可能材料>

  石英・ホウケイ酸ガラス・コバールガラス・ソーダライムガラスなど

 

 <対応可能サイズ>

  外径:Φ0.4㎜~Φ5㎜

  内径最小公差:±0.05㎜(※±0.01㎜の実績あり)

  長さ:1,000㎜(MAX)

  切断による公差:手折りカットの場合±2㎜、機械カットの場合±0.1㎜

          (※細線加工径により変動する場合があります)

 

 <主な用途>

  分析機器・真空機器・絶縁管・X線管・溶接棒・測定機器など

 

上記対応可能サイズ以外でも、製作可能な場合がございますので、まずはお問合せ下さい。

 

また、形状によっては、個々の技術を組合わせた製作も可能です。

 

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。