製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス加工/ガラス-金属・アルミナ-金属・サファイア-金属・異種金属などの高気密接合
製品・技術

ガラス段継ぎ加工(段シール加工)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ガラス段継ぎ接合加工(段シール加工)  /  医療・バイオ 試験・分析・測定 光学機器

富士通特機コンポーネントでは、膨張係数の違う各種ガラス管同士を接合することが可能です。

 

通常、膨張係数の違うガラス管同士を接合すると、すぐに割れてしまうのですが、当社では、接合するガラス管に中間ガラスと呼ばれるガラスを繋げていき、膨張係数の違うガラス管同士を接合する段継ぎ加工(段シール加工)を行っています。

 

 <対応可能材料>

  石英・ホウケイ酸ガラス・コバールガラス・ソーダライムガラスなど

 

 <対応可能サイズ>

  製作するサイズや形状により変わりますので、まずはお問合せ下さい。

 

 <主な用途>

  分析機器・真空機器・半導体装置・X線管・ランプ・医療機器など

 

小ロットや1個でも対応いたします。

 

今お使いのガラス製品の一部分が破損していても、修理や交換ができる場合もあります。

 

また、形状によっては、個々の技術を組合わせた製作も可能です。

 

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。