製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ガラス加工/ガラス-金属・アルミナ-金属・サファイア-金属・異種金属などの高気密接合
製品・技術

アルミナセラミック-金属接合加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

富士通特機コンポーネントのアルミナセラミック-金属接合加工は、アルミナセラミックへモリブデン-マンガン法(Mo-Mn法)によるメタライズを接合したい部分へ施し、高温で焼結させ、金属膜を形成することで、コバール金属とろう付け接合を行うことが可能です。

 

また、コバール金属だけでなく、他種金属との接合が可能な場合がありますので、まずはお問合せ下さい。

 

 <対応可能材料>

  金属系:コバール・銅・ニッケル・ステンレス・モリブデン・タングステン

  <使用ろう材>

  金ろう・銀ろう

 

 <対応可能サイズ>

  外径~φ70㎜程度(メタライズ加工を要しない場合は、~φ100㎜程度)

     ※対応可能サイズは形状によって変わりますので、まずはお問合せ下さい。

 

 <リーク試験>

  ヘリウムリークディテクタにて1×10-9Pa・m3/sec

 

 <主な用途>

  真空機器・分析機器・測定装置・半導体装置・医療機器・電流導入端子(フィードスルー)・絶縁端子など

 

小ロットや1個でも対応いたします。

 

また、形状によっては、弊社の個々の技術を組合わせた製作も可能です。

 

メタライズ加工のみでも、対応いたします。

 

材質によっては、活性ろうを使用することでメタライズを施すことなく真空雰囲気にて接合できるものもあります。

 

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。