製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
株式会社トーキンEMCエンジニアリング
製品・技術

筑波計測センター | 車載機器EМC試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
筑波計測センター  / 2022年09月05日 /  自動車 産業機械機器 試験・分析・測定

トーキンEMCエンジニアリングでは、自動車の電子化、電動化による車載機器におけるEMC試験に対するニーズの高まりを受け、筑波計測センターに車載機器試験用電波暗室を設置。
各自動車メーカー規格はもちろん、国際規格による試験、eマーク(ECE R10)認定用の正式試験に対応しております。

筑波計測センター

1号電波暗室(10m法)
1号電波暗室(10m法)
2号電波暗室(10m法)
2号電波暗室(10m法)
3号電波暗室(3m法、車載EMC試験用)
3号電波暗室(3m法、車載EMC試験用)
4号電波暗室(小型、車載EMC試験用)
4号電波暗室(小型、車載EMC試験用)
5号電波暗室(3m法、車載EMC試験用)
5号電波暗室(3m法、車載EMC試験用)

特徴

車載機器試験用電波暗室3基を完備。各自動車メーカー規格、国際規格試験、eマーク(ECE R10)などに対応。

  • 車載機器試験用電波暗室 3基保有
  • リバブレーションチャンバー 1基保有
  • レーダーパルス 600V/m対応
  • EV、HV用製品等の高電圧品に対応
  • 国際規格、自動車メーカー規格に対応

登録/認定/提携等

  • CISPR25対応、VCA提携、TÜV Rheinland提携、JAB認定

設備概要

  • 車載機器試験用電波暗室
  • 3m法電波暗室(車載機器試験対応可能)
  • 車載機器試験対応小型電波暗室
  • リバブレーションチャンバー
    (車載機器測定対応シールドルーム兼用)
  • 1基
  • 1基
  • 1基
  • 1基

設備詳細

測定施設:電波暗室

測定施設測定仕様
3号電波暗室
(車載測定兼用)
測定方法 3m法
搬入口寸法 1.5m×2.1m
ターンテーブル Φ2m、耐荷量0.5t
電源容量 直流:0~250V/20A
単相:100V/50Hz/15A
単相:100~264V,50/60Hz/50A
三相:200~460V,50/60Hz/100A
測定室 4.3m×3.4m×2.7m
4号電波暗室
(車載測定用)
測定方法 1m法
搬入口寸法 1.0m×2.0m
ターンテーブル
電源容量 直流:0~250V/20A
単相:0~260V/50Hz&60Hz/4kVA
単相:100V/50Hz/2KVA
測定室 4.05m×3.3m×2.7m
5号電波暗室
(車載測定用)
測定方法 3m法、1m法
搬入口寸法 1.5m×2.0m
ターンテーブル Φ1.5m、耐荷量0.25t
電源容量 直流:0~60V/60A
直流:0~440V/4.5kVA
単相:0~300V/50Hz&60Hz/4.5kVA
測定室 4.75m×2.2m×2.7m

測定施設:リバブレーションチャンバー

測定施設測定仕様
1号リバブレーションチャンバー 部屋寸法 9.0m×6.0m×2.7m
搬入口寸法 1.7m×2.0m
電源容量 直流:0~440V/4.5kVA
単相:0~240V/50&60Hz/30A
三相:200V/50Hz/100A
リバブレーションチャンバー
リバブレーションチャンバー

所在地

〒305-0875
茨城県つくば市花島新田28-1 筑波計測センター

予約状況PDFに空きがない場合でも、調整可能な場合があります。
お気軽にお問い合わせください。


  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • 設備紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com