製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ウイスマ・インターナショナル株式会社
製品・技術

改善事例の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

改善事例の紹介

某メーカーにおいて、毎年梅雨時に入る頃から歩留まりが悪化していました。
理由は水分=湿気を嫌うアルミとの相性によるものでした。
前年の6月は不良率が5.7%に達しており、当該年度の5月も前年5月と同様に2.4%の不良率でした。

そこで、6月に入り添加剤を変更したところ、6月の不良率を0.3%まで下げることができ、以後も1%未満の不良率を継続できました。

 
【炉の開口部=狭くなっている】   【炉壁=オバケ:酸化物付着】

実施した改善内容

溶解炉へリファイナー201を投入し、その後保持炉へのリファイナー201とデガッシングタブレット30の双方を投入。

最初の投入量は、脱酸効果を上げるため多めの量(溶湯の1~1.5%程度)を投入する必要があるが、落ち着いてきたら投入量は減らして良い。(通常時の投入目安は溶湯の0.2~0.5%程度)

投入間隔は4時間毎とし、前に投入して表層に残った滓をすくい取ることが必要となる。

大幅な改善に成功!
推移グラフ
製品の効果   鋳造工程で発生する問題   改善事例

お気軽にお問い合わせください

アルミダイカスト溶湯(源流)品質改善のため、弊社では研修会をお客様の要望に応じて実施し、その後改善を検証するテストを行います。

ちょっとしたお困り事でもお気軽にお声がけください。
現在の状況やご検討されている背景もお知らせいただけるとスムーズです。

 

勉強会
【勉強会】

実地テスト
【実地テスト】

お問い合わせ