製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
「高温加熱装置」試験片をその場で観察
近赤外線集光で、毎秒100℃の昇温が可能。均一に試料を最高1700℃まで高速加熱・高速冷却。
製品・技術

パワーアップ 従来のMAX1200℃から1400℃へ セラミックや高温耐熱金属等の研究・開発をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
自動車 鉄/非鉄金属 セラミックス

標準型のIR-HP2-12の加熱ランプをパワーアップしました。(オプション)

標準のIR-HP2-12は広い面積(約70mm角の有効面積)の試料を均一に加熱する事の出来るIR炉ですが、最高温度が1200℃程度でした。

その為にセラミックスや耐熱用金属等の材料には温度が足らない場合が有りました。

そこで、標準型のIR-HP2-12に装着するランプをパワーアップし最高温度を

1400℃まで高めたIR-HP2-18をご用意しました。

 

製品概要 標準型のIR-HP-12をベースに12kW(2kW/1本)のランプを18kW(3kW/1本)へパワーアップし最高到達温度を1200℃から1400℃へ性能アップしました
特徴 広い面積を均一加熱可能であったIR-HP2-12をベースに均一加熱の面積を変えることなく、最高温度を1200℃から1400℃にアップしました
製品名・型番等
シリーズ名
IRイメージ炉シリーズ IR-HP2-18
価格 210万~(炉単体)
納期 ご下命後約3.5カ月
  • HOME
  • 製品・技術
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com