製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
英和株式会社
製品・技術

IoTを活用した機械設備の状態監視 ~ 機械設備の診断は振動分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
IMV 検査・測定機器 プラント・エンジニアリング 石油化学  / 2018年03月12日 /  産業機械機器 IT・情報通信 建設・プラント

〔常時監視〕

IoT振動診断ユニット ラムダバイブロ(Λ-Vibro)「VM-8018」

各種振動ピックアップや電圧信号の接続が可能で、振動診断に必要な解析演算を内部にて処理します。処理された結果は、CSV形式ファイルとして装置内部に保存され、クラウド等で集積しグラフ化することができます。

 

〔間欠監視〕

WiFiポータブル振動計 カードバイブロAir2「VM-2012/VM-2012C」

WiFi無線を採用した高速通信と、強力なデータ処理機能で、振動測定に困難を伴っていたシーンでも、精密な測定が可能に!Androidのタブレットやスマートフォンで簡単に計測することができます。

 

データ管理ソフトウェア

カードバイブロAir2で測定したデータを、パソコンで活用するためのソフトウェアです。データベースにSQLiteを採用。データのやりとりはUSB経由で行うことができ、PCに取り込んだ測定データを一元管理し、トレンドグラフ、波形グラフを表示するアプリケーションです。

 

設備診断ソフトウェア

事前に設備マスタ登録にて、管理設備の物理的パラメーター情報を設定することで、カードバイブロAir2で測定したデータを元にPCで、異常周波数を表示したり、判定機能をもった原因別診断を行ったりできます。

止められない重要な機械設備は常時監視、リスク評価が小さな装置は間欠監視で状態データを収集。長期間の振動データを分析することで機器や設備の異常が早期に発見できます。

 

    ☆設備異常の早期発見         ☆故障や劣化の予知

    ☆製造品質の向上           ☆生産効率・設備稼働率の改善

    ☆データ分析で計画的な予防保全    ☆遠隔メンテナンス

製品概要 常時監視と間欠監視を選べる豊富な振動計ラインナップ
特徴 常時監視はエッジコンピューティングによる振動解析
間欠監視はポータブル振動計でWiFi通信による遠隔測定
製品名・型番等
シリーズ名
IoT振動診断ユニット ラムダバイブロ(Λ-Vibro)「VM-8018」/ WiFiポータブル振動計 カードバイブロAir2「VM-2012/VM-2012C」
  • HOME
  • 製品・技術
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com