製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
テュフ ラインランド ジャパン株式会社
対応試験の紹介

工作機械の耐衝撃試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
工作機械の耐衝撃試験

工作機械のトラブルによって部品が破損し、覗き窓や金属の安全カバーなどへ飛散した場合、オペレーター側へ飛び出す危険があってはなりません。
規格に基づき、衝撃エネルギーを310J(Class A1)~8000J(Class C3)の9段階分けて試験・評価を行います。(ISO23125)

対象材料・部品・装置

  • 機械・部品

対応可能なサイズ

幅(W)
~ 500 mm
奥行(D)
~ 30 mm
高さ(H)
~ 500 mm
重さ
~ 10 Kg

対応工業規格

  • ISO 23125 Annex A B
  • ISO 16090-1 Annex A B

対応保有設備

規格で定められた形状・重量の鋼鉄弾を、圧縮したガスにより所定のスピードで試験体に衝突させ、その強度を評価します。

試験所所在地

  • 神奈川県横浜市