製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
「高温加熱装置」試験片をその場で観察
近赤外線集光で、毎秒100℃の昇温が可能。均一に試料を最高1700℃まで高速加熱・高速冷却。
製品・技術

露点雰囲気を制御した加熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
鉄/非鉄金属 電子・半導体 試験・分析・測定

弊社IR炉を使用した加熱試験の中で、雰囲気を制御することは容易に可能ですが、特に露点を制御して加熱が可能なシステム 「露点雰囲気制御付き赤外線加熱装置」をご紹介します。

 

弊社IR炉は、そのままでも炉体そのものが気密チャンバー構造になっていますが、露点制御を行いやすくする為に下の写真のように「石英製チャンバー」を設けます。

この石英チャンバー内の雰囲気を露点制御することにより、酸化制御等を行います。

 

通常加熱バブリング方式で制御します。

露点範囲によって加圧バブリング等の別方式も可能です。

 

 

参考例

①室温~60℃以上→加熱バブリング

②室温以下→加圧バブリング

等、設定範囲により選択可能です。

 

 

実際の使用例

①薄板鋼板の焼き入れ工程のシュミレーション

  加熱冷却中の雰囲気を露点も含めて制御することによって、酸化や脱炭を制御します。

  生産ラインでは不可能な、色々な設定でシュミレーションできます。

②アルミのロウ付け工程のシュミレーション

  ロウ付けに最適な温度・露点をシュミレーションできます。

③電子部品の加熱工程のシュミレーション

  加熱工程の温度・露点を再現し電子部品の性能改善が可能です。

製品概要 加熱や冷却を雰囲気中で行うだけでなく、露点制御を行いながら加熱や冷却を行えるシステムです。
特徴 IRイメージ炉の特長であるイメージ加熱(近赤外線加熱)により、石英製チャンバーを使用することが可能です。
その為に、高精度な雰囲気を実現することが出来ます。
製品名・型番等
シリーズ名
IRイメージ炉シリーズ 露点制御加熱装置
  • HOME
  • 製品・技術
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com