製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

世界最小・最軽量のノンスピル継手。片手で瞬時に切り離せ、着脱時の液洩れ・空気進入を防止。[コールダー プロダクツカンパニー]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン  / 2017年09月05日 /  医療・バイオ 産業機械機器 先端技術

No.2307 2017年9月5日

● 製品の小型化・軽量化に。押しボタン式ワンタッチ継手。

13,000品以上の継手(クイック カップリング)とその関連製品を製造する
コールダー プロダクツカンパニー様。ユニークな「押しボタン式継手」の
設計・製造で、世界のリーダー的な役割を担っています。

同社が自信をもってお勧めする「NS1シリーズ」は、世界最小・最軽量の押
しボタン式ワンタッチ・ノンスピルジョイント(カップリング)。クローズ
ドシステムに最適で、着脱時の液ダレを根絶。空気進入もほぼゼロの優れモ
ノです。

加圧下でも、片手で簡単・確実に着脱可能。液体を流す機器全てに適用の可
能性があり、製品のコンパクト化・軽量化を目指す設計者は必見です。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

世界最小・最軽量の押しボタン式ワンタッチ・ノンスピルジョイント
着脱時の液洩れ・空気進入がほぼゼロ、片手で安全・確実・一瞬で接続


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 着脱時の液ダレ根絶、空気進入も最小限
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「NS1シリーズ」は、ノンスピルカップリングの中では世界最小・最軽量。
外した時の液漏れを防ぐノンスピル弁を備えているので、ラインへの空気進
入がほとんどなく、インクやコーティング剤の凝固・劣化を防止できます。

3.2mm~μmmの口径のチューブに対応します。また、圧力をかけたまま回転
できるので、チューブのねじれや折れによる事故を防ぎます。
化学物質に強い材質(樹脂)を使用しており、フッ素Oリングに対応します。

>> 「NS1シリーズ」のカタログダウンロードはこちら


■ 有毒液も飛散を回避、安全・確実に接続でき、メンテナンスも楽
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シンプルで、片手で一瞬に着脱できるなど、使いやすいうえに、安全・確実
に接続できる「NS1シリーズ」。着脱を繰り返すインクジェットプリンタや
電子機器の液冷に最適で、インクの飛散や、機械のショートを防ぎます。
有毒液を扱うときも飛散を回避できて安心です。

より最小・軽量化をめざす流体機器、分析機器、ナノ・マイクロリットル流
体関連機器などにお勧めです。

製品のメンテナンスが飛躍的に楽になることも大きなメリットです。
インクや食塩水など、床を汚したり、ジョイント部を故障させる付着物が激
減するので、清掃時間がゼロに。飛散を防止するために液体を取り除いてか
ら作業を行うという必要もなくなります。チューブに液体を再充填した後に
気泡を取り除く『脱気』作業も不要です。

加湿器タンクジョイントのようなボタンなしタイプもあり、材質変更・タケ
ノコ/ネジ部の太さの変更など、特注にも対応できますので、お気軽にお問
い合わせください。

>> 世界最小・最軽量の押しボタン式ノンスピルジョイント「NS1シリーズ」

同社は「NS1シリーズ」の他、液体・電気端子の同時接続できる「ハイブリ
ッド・コネクター」、液体冷却用、ガソリン、メタノール、水素燃料電池、
ケミカル、高純度、嫌気性溶液用など多数の種類を取り揃えています。

>> 分かり易い「ハイブリッド・コネクター」の紹介動画はこちらから


また、医療・臨床検査装置、食品関連用のジョイントのラインアップも
あり、膨大な安全データ・世界での承認実績があります。

>> 押しボタン式ワンタッチ継手のお問い合わせはこちらから


--- PR -------------------------------------------------------------
◆足で稼ぐ営業を見直しませんか?
貴社のサイトを“できる営業マン化”「WEB営業力」の強化を支援します。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら