製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
企業法務知財協会CLIP
CLIPでは、企業の即戦力となる「知財・法務の実務に役立つセミナー」を毎月開催しています。

2019年11月28日(木) 
第106回「自社商品・サービスの模倣対策(基礎編)」 /「英文秘密保持契約(NDA)の実務」
イベント

『企業知財業務に必要な進歩性の考え方』&『初心者向け英文秘密保持契約(NDA)の実務』 セミナー【受付終了】7月31日(火)開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
初心者向けセミナー  / 2012年06月25日 / 
イベント名 『企業知財業務に必要な進歩性の考え方』&『初心者向け英文秘密保持契約(NDA)の実務』 セミナー
開催期間 2012年07月31日(火)
14:40~17:40
会場名 ゆうぽうと
会場の住所 東京都品川区西五反田8-4ー13
地図 http://www.u-port.jp/access.html
お申し込み期限日 2012年07月30日(月)16時
お申し込み

【テーマ】 『企業知財業務に必要な進歩性の考え方』&『初心者向け英文秘密保持契約(NDA)の実務』セミナー

 

【日時】  2012年7月31日(火) (14:20受付開始)

  第1部 14:40~16:00  セミナー(講師:松下)

  第2部 16:10~17:20  セミナー(講師:石橋)

  第3部 17:20~17:40  質疑応答・情報交換会

 

【費用】 無料

 

【セミナー内容】  

第1部 (講師:松下)

 企業内での発明発掘、発明打ち合わせ、出願前調査、他社特許調査等の業務の成果は、発明の進歩性の考え方をどの程度理解しているかによって大きく異なります。進歩性に関する資料は数多くありますが、企業内での知財業務に必要なことを効率的に学ぶことは難しいというのが実情ではないでしょうか。本セミナーでは、企業知財業務に必要な進歩性の考え方に絞り込んで、具体例を示しながらお話しします。 

  1.進歩性の考え方が必要となる企業知財業務

  2.進歩性を考慮した発明発掘・発明打ち合わせの仕方   

  3.進歩性を考慮した特許調査の仕方   

  4.進歩性判断の具体例

第2部 (講師:石橋)

  最近、企業規模にかかわらず、外国企業と英文契約を結ぶケースが増えています。しかし、英文契約には英文契約特有のリスクがあり、これを正しく理解しないで契約を締結してしまうと、後で大きな問題が生じる可能性があります。今回は、海外取引の最初に必ず結ぶことになる英文秘密保持契約に焦点を当て、その重要性とその中に潜むリスクについて実務的な観点から解説いたします。

  1.英文秘密保持契約と日文秘密保持契約の違い   

  2.なぜ秘密保持契約を重要視しなければならないのか   

  3.国際契約特有のリスクとは   

  4.英文秘密保持契約ひな型の解説

製造業のための知財・法務
企業法務知財協会は、成長を志す企業の法務・知財の体制を段階的に整え、機能させ、企業の競争力強化と事業リスクの低減を実現していくサポートをしています。 CLIPの活動に興味がある企業経営者、企業法務知財担当者と交流を活発に行います。
【コミュニティ参加者数】
40名 (2022/12/08現在)
【コミュニティ内最新コメント】
2014/12/25 13:16 Stage29 『活用を狙った強い特許の取得について』&『未利用特許の活用とその問題点』
2014/12/25 13:08 Stage28 『中国・台湾・韓国・シンガポール 最新特許』
2014/12/25 13:04 Stage27 『商標使用調査』&『知財部員が最低限知っておくべき商標実務情報と、商標ライセンス契約の実務』
  • HOME
  • ニュース
  • イベント セミナー情報
  • 事例 その他セミナー
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ