製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

アルミナ微細深穴加工で驚異の50Dを実現。従来のセラミックス深穴からおよそ5倍の進歩[大塚精工]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン セラミックス(素材/加工)  / 2019年05月15日 /  産業機械機器 電子・半導体 先端技術

No.2500 2019年5月15日

●セラミックスへの高精度な深穴・薄肉加工を次々と実現

これまで穴径寸法の10倍(10D)程度の深さまでしか加工できませんでした。
しかし、大塚精工株式会社様では、穴径寸法の50倍(50D)の深さまで加工が
可能。ノズル、バキュームステージ、流路部品等への活用に最適です。

セラミックスでは精度が出せないから…と諦めないでください。セラミック
スだからこそ、高精度に、且つ様々な形状に加工する事ができます。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

アルミナに対し、穴径 φ0.5mm、穴径公差±0.05mm、穴深さ25mm
径の50倍の深穴加工が可能。他の材質についても調整中


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 向こう側が透ける程の薄さ。ジルコニアセラミックス薄板0.08mm
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社では、平行度・平面度・直角度0.001mmといった、高精度なセラミック
ス加工も得意とします。「どこまできれいに薄くできるか」に挑戦し、ジル
コニアセラミックス薄板0.08mmの加工も可能にしており、絶縁スペーサー等、
精密治具への活用を期待しております。

>> ジルコニアセラミックスの薄板加工の事例はこちら

また、ジルコニアセラミックスの0.2mm薄肉加工では、4面から0.52mm幅の溝
に平面研削加工。溝加工後の残っている部分の厚みは、官製はがきと同等の
0.2mmに仕上げられます。

>> ジルコニアセラミックス 0.2mm薄肉加工事例


■ 「より精密に・高精度に」セラミックスの微細加工技術を追求
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
セラミックスの種類・特性を知り尽くし、蓄積したノウハウを持つ同社では、
難度が高い加工にも対応できます。セラミックスでも金属同様の高精度部品
を単品・小ロットで対応。

ネジ部品、レール、ツメ、ノズルなど、生産設備で摩耗しやすい樹脂・金属
製から、セラミックス製に変更するだけで、強度アップとランニングコスト
の軽減につながります。

耐熱性・耐摩耗性・耐薬品性・耐食性の向上のほか、非磁性・絶縁といった
セラミックスの特徴を活かした製品をご検討される際は、同社にご用命くだ
さい。この春、新本社工場が完成し、新しい環境でさらに技術を高め、次代
のモノづくりに挑みます。

>> 同社のセラミックス高精度加工の詳細はこちら


>> セラミックスへの高精度な深穴・薄肉加工のお問い合わせはこちらから


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら