製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

高耐熱・透明を両立。「二軸延伸PEEKフィルム」を業界初の量産化。透明性は全光線透過率82.8%、ヘイズ4%に対応【EXPEEK(エクスピーク)】[クラボウ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン  / 2022年01月24日 /  食品・機械 化学・樹脂 電子・半導体

No.2709 2022年1月24日

● PEEKフィルムを二軸延伸することで、耐熱性と透明性の両立を達成

クラボウが量産化に成功した「EXPEEK」は、300℃を超える高い耐熱性を持ち、
全光線透過率82.8%、ヘイズ4%という透明性を両立した高機能フィルムです。

「EXPEEK」は、クラボウ独自の製膜技術、高温二軸延伸加工技術により、
従来PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)フィルムよりも、耐熱性や透明性、
機械強度などが向上。表面平滑性や低吸水性にも優れています。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

業界初、PEEK樹脂の二軸延伸フィルムを量産化。サンプル提供あり
耐熱性・耐薬品性があり、透明性の高い「EXPEEK」

■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 一般的な押出成形フィルムより優れた透明性・強度・熱寸法安定性
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「EXPEEK」は、全光線透過率82.8%、ヘイズ4%。透明性の主要指標の1つ
であるヘイズ(※光散乱の程度を表す指標) が、他社製PEEKフィルムより約
15も低くく、その高い透過性が分かります。

耐熱性(※TMA法で測定したTgを比較)は320℃で、他社製PEEKフィルムより
も約170度も高く、高温環境下でも寸法変化が非常に小さいフィルムです。
また、既に量産化を達成しているので、1400mm幅までの広幅で供給できます。


■ 半導体工程ウェハ保護テープ基材などに最適
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「EXPEEK」は、その耐熱・透明性を活かし、耐熱性不足が原因でPETなど透
明フィルムが使えなかった用途への展開が可能。例えば、半導体工程ウェハ
保護テープ基材として最適です。

ポリイミドフィルムなどの耐熱性フィルムより表面が平滑なので「EXPEEK」
上に形成した薄膜にクラックが入りにくい点も好評です。耐熱・高弾性を活
かした用途として、ガラスに代わるフレキシブルデバイス用基材として活用
されています。


クラボウでは「EXPEEK」以外にも、多彩なスーパーエンプラフィルムを
開発・提供しています。お気軽にお問い合わせください。


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら