製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
事例

代替肉(人工肉)開発における 混練ソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
エクストルーダー  /  食品・機械 化学・樹脂 試験・分析・測定

植物性タンパク質から ”食肉のような” 構造を持つ製品を作る出すことは人口増加に伴い動物性たんぱく質の供給が間に合わず、その代わりになる健康的なタンパク源を供給する持続可能な手段として注目されています。また、カーボンフットプリント(≒ CO2の排出量)を減少させることにつながりますが、その製造工程の最適化は簡単ではありません。”食肉のような” 特性を持つ代替肉(疑似肉、人口肉)を開発するためには味、フレーバー、食感の3つの要素を上手く組合せる必要があります。

 

定評あるサーモサイエンティフィックのエクストルーダーに、代替肉開発用に新しく開発された冷却スリットダイを組合わせることで植物性タンパク質から最適な繊維性を持つ ”食肉のような” 構造を作り出すことができます。

 

このページでダウンロードできるアプリケーションノートでは、サーモサイエンティフィックの コンパクトな卓上エクストルーダー:Process11 Hygienic を用いると、最少のサンプル量で代替肉の研究開発を効率的に行うことができ、製造工程の最適化に大きく貢献する可能性を紹介します。

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • 製品・技術
  • イベント 展示会出展、セミナー
  • 事例
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com