製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
各種分析・計測機器(研究開発・品質管理・プロセス管理用)
事例

近赤外分光装置(NIR)による糖類および多糖類の受け入れ検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
近赤外分光装置(NIR)  / 2024年01月25日 /  医療・バイオ 食品・機械 試験・分析・測定

医薬品、食品、特殊な化学品などの産業では、入荷する原材料の同一性を確認することがますます重要になっています。従来の分析法の多くは、湿式法やクロマトグラフィーを用いた長時間測定のアプローチを利用することが多く、時間とリソースを必要とします。近赤外分光法(NIR)はバルク原料の同一性を確認するための迅速で信頼性の高い方法を提供できます。

 

当ページでダウンロードできるアプリケーションノートでは、グルコース、ラクトース、スクロース、コーンスターチを含む原材料における、ロットの識別や類似性の判定のための検査のアプローチについて説明します。小さなガラスバイアル瓶に試料を入れ、12,000 cm-1から4,000 cm-1の領域をカバーするThermo Scientific™ Antaris™ 近赤外(FT-NIR)アナライザーを用いて分析しました。検量線は複数の工場で共用できるように設計されています。異なる三つの分光器からのデータを組み合わせて一つの検量線モデルを作成し、評価モデルの移植性についても確認しました。

  • HOME
  • 製品・技術
  • イベント 展示会出展、セミナー
  • 事例
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com