製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
各種分析・計測機器(研究開発・品質管理・プロセス管理用)
事例

振動試験:ゲル化過程における応力の影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
レオメーター  / 2024年07月10日 /  食品・機械 化学・樹脂 試験・分析・測定

水のような粘性は、シャンプーとしては扱いにくく、殺虫剤では雨が降ると流されてしまいます。

用途に合わせて製品を調整するための一つのアプローチは、物質をゲルマトリックスに入れ、製品を粘着させたり、保持させたり、投与しやすくしたりすることです。

従って、製品開発と品質管理には、ゲル化プロセスを理解し、ゲルの特性を明らかにすることが極めて重要です。

 

振動試験は、ゲル化過程における網目構造の発達を追跡する古典的なレオロジー手法です。

振動試験に伴う応力や変形は小さいため、通常、非破壊検査とみなされますが、特にもろい網目構造の場合、この検査手法による影響が無視できない場合も考えられます。

 

サンプルが振動試験中にさらされる応力が、ゲル化プロセスに影響を与えるかどうか、またその程度を評価するための試験を実施しました。

 

  • HOME
  • 製品・技術
  • イベント 展示会出展、セミナー
  • 事例
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com