製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
防水試験、防塵試験、信頼性試験、国内外の安全規格認証取得代行サービス
東信電気株式会社は、第13回(2017年)「川崎ものづくりブランド」に認定されました。
事例

試験事例:塩水噴霧試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
試験事例 塩水噴霧試験  /  産業機械機器 試験・分析・測定 EMS

塩水噴霧試験 事例

塩水噴霧試験

目的

試験品の塗装片を使い塩水耐性を確認する

対象品(試験品)

屋外防犯カメラ筐体

試験条件・規格

適用規格:JIS Z 2371:2015準拠
試験方法:中性塩水噴霧試験(pH 6.5~7.2)
塩溶液の濃度:50±5g/L
噴霧室の温度:35±2℃
試験時間:800時間
試験片設置角度:20±5°
観察内容:塗装の剥がれ、赤錆等がないか確認する

特記事項

 

試験期間

約35日

関連する試験

JIS B 7753 サンシャインカーボンアーク灯式の耐光性試験
JIS B 7754 キセノンアークランプ式の耐光性試験
ガス腐食試験

試験別事例

塩水噴霧試験
耐候性試験
EMC筐体輻射(Emission)試験
EMC筐体(Immunity)放射電磁界試験
耐震試験
耐風速試験
IP試験
温湿度試験
品質確認

電気機械器具の信頼性試験サービスはお任せください

  • 弊社の特徴
  • 料金表
  • IP防水試験・IP防塵試験
  • 耐風圧試験
  • 耐震試験
  • 温湿度試験
  • 落下試験
  • 規格試験取得代行サービス

お気軽にお問合せください

さまざまな規格や試験に精通したエキスパート、試験を実施する技術者が、貴社の費用や時期などのご要望に応じて、必要な試験や設備を選定し、ご提案します。

あらゆる信頼性試験・耐環境試験についてのご質問、ご相談など、東信電気までお気軽にお問い合わせください。

参加ポータル
試験・分析.com