製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
「高温加熱装置」試験片をその場で観察
近赤外線集光で、毎秒100℃の昇温が可能。均一に試料を最高1700℃まで高速加熱・高速冷却。
事例

高温下での金属の材料特性観察-アルミ合金の融解・凝固過程(デンドライト成長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
高温観察 材料特性観察 その場観察  / 2020年03月23日 /  電子・半導体 試験・分析・測定 先端技術

高温下での金属の材料特性観察

金属材料を高温下でリアルタイムに観察するためには、高温加熱に耐えうる材料観察装置が必要となります。
弊社の高温観察装置は、金属の材料特性の変化を細かく観察することが可能です。

 

アルミ合金の融解・凝固過程(デンドライト成長)

高温顕微鏡観察装置TPSによるその場観察


対物レンズ:40倍、1秒間隔の静止画

アルミ合金の融解・凝固   
 

アルミ合金の融解・凝固観察などのお問い合わせ

米倉製作所では、高度化、多様化するユーザーのみなさまのニーズに、きめ細やかにお応えするとともに、新たな技術と製品の開発に努めます。

高温下での金属の材料特性観察装置をはじめとする各種材料特性観察・材料試験装置について、ご質問、ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

※サンプルの加熱観察テスト、横浜事業所に来社いただいてのデモも行っておりますので、
 ご希望の場合はご連絡ください。

 

 

  • HOME
  • 製品・技術
  • 事例
  • 納入実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com