製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

異種材料接着と直接接合技術が分かる・使える新刊書籍&セミナー[サイエンス&テクノロジー]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2017年06月27日 /  自動車 化学・樹脂 試験・分析・測定

No.2286 2017年6月27日

● 異種材料接着・接合を行うために知っておきたい技術ノウハウを掲載

「樹脂材料と金属、セラミックス、ガラス、ゴムなどをくっつけたい」
「もっとうまく異種材料同士をくっつける技術を知りたい」
「軽量金属系の新素材、CFRP・CFRTPなど複合材料を用いる場合、
それぞれをどのように接着/接合したらよいのかわからない」
といった方に朗報です。

異種材接着/接合技術情報が満載の書籍が7月26日(水)サイエンス&
テクノロジー株式会社様から刊行されます。
製品の更なる軽量小型化・高気密化・接合強度向上とともに、設計自由
度の向上、コスト削減を叶える一手としてお役立ていただけます。

また、同社では、異種材料の接着技術に関するセミナーも開催しています。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

異種材料の接着/接合技術が分かる、実務に活かせる 解説書籍刊行
今なら、最大8,856円(税込)割引で入手可能 セミナーも実施します


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 簡易に接着/接合技術を選定できます
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同書には、多種多様な接着/接合技術ノウハウを掲載。それぞれの専門の
先生、メーカの担当の方々総勢20名以上に執筆いただいており、“簡易に
接着/接合技術を選定していただける”よう企画、構成しています。

実務に活かせる、専門分野を問わない“わかりやすい表現”で、
「原理・メカニズム」「適用製品事例」「近年の技術動向」を解説している
ため、次のことが可能になります。

・異種材料をくっつける際に、接着・接合方法のどれが実務に適用するかを
 検討できる
・接着剤を使用する場合、そのノウハウ・勘どころを基礎から被着材の組み
 合わせ別に知ることができる
・直接接合技術を検討する際、乾式・湿式、接合速度等の諸条件から適した
 技術を選択できる

>> 技術書籍「異種材接着/接合技術」のパンフレットはこちら


■ 7月26日の発刊日前の注文には特別割引価格で提供
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発刊日の7月26日(水)までにご注文いただいた場合、特別割引価格を適用。
  定価:54,000円(税込) → 47,520円(税込)

同社の会員サービス(S&T会員)にご登録いただいた方には、上記価格より
更に割引。
  発刊日(7/26)までのご注文+S&T会員価格の併用=45,144円(税込)

>> 技術書籍「異種材接着/接合技術」に関するご質問・ご注文はこちら


■ 接着、接合技術が丸分かり2つのセミナー開催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
異種材料を強固にくっつける接着技術と平易に学べる応力・ひずみ、接合強
度を低下させる、接合界面端にあらわれる「特異応力場」とは?
基礎から解説します。

「異種材料接着技術の勘どころと接合強度評価のための特異応力場解析」
>> 8/23開催のセミナー詳細、お申込みはこちら

ばらつく接着強度、接着劣化・安全率を考慮した『高信頼性接着』について
44年の経験から導かれたノウハウが満載です。

「接着の強度、耐久性、信頼性・品質に影響する諸因子とその最適化法およ
び寿命推定法、設計法」
>> 12/22開催のセミナー詳細、お申込みはこちら


--- PR -------------------------------------------------------------
◆足で稼ぐ営業を見直しませんか?
貴社のサイトを“できる営業マン化”「WEB営業力」の強化を支援します。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら