製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
振動試験、衝撃試験、信頼性試験はお任せください - IMV株式会社
事例

ポータブル機器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2020年01月24日 /  試験・分析・測定

ポータブル製品事例1

供試品 デジタルカメラ、90mm×60mm×30mm、0.2kg
適用規格 IEC TR 60721-4“Guidance for・・・Portable and non-stationary use”のTable 7 Class 7M3を適用
ランダム振動 30min×3軸
衝撃試験 Half-sine、11ms、300m/s2、(+3、-3回)×3軸
Half-sine、6ms、1000m/s2、(+3、-3回)×3軸

使用試験設備
振動試験機 i220/SA1M
振動制御器 K2、ソフトウエアRandom、Shock
加速度ピックアップ VP-32: 1個
専用治具 ベースΦ140mm×25mm、押さえ板2枚、計1.5kg
試験設備使用期間 半日
作業時間 2h
試験料金 \117,600

構内移動台車に取り付ける電子機器の事例

要求

構内を頻繁に移動させる台車に取り付ける電子機器の耐震性を確認するための試験仕様を開発し、供試品2種類を試験する。 移動台車は人に押されて移動する。

使用シナリオ

協議の結果表1の使用シナリオを決定した。

供試品

電子機器 320mm×300mm×250mm、12kg

測定・解析

シナリオの各条件の場所を選択し、台車を移動させ、台車に取り付けた電子機器の振動加速度の時刻暦波形をデーターレコーダに記録、解析し、次の試験仕様を開発した。

試験仕様

滑らかなコンクリート、粗いコンクリートは平坦部試験として統一した。 平坦部試験及び段差部試験は共にランダム振動試験とした。各軸方向の試験の最大ピーク値を測定で得られた最大ピーク値に合わせた。 したがって試験時間は、各試験によって異なるものとなった。加速係数 m=4を採用した。

 

試験仕様開発料金 \1,200,000
使用試験設備
水平振動台付振動試験装置 i220/SA1M/H6
振動制御器 K2、ソフトウエアRandom
加速度ピックアップ VP-32: 1個
垂直補助テーブル TBV-630 (15kg)
専用治具 アダプタプレート 13kg
試験設備使用期間 1日
作業時間 4h
試験料金 \209,000

お問い合わせ

お客様で、また他の試験所では出来ない試験も、出来ることがよくあります。
見積前の相談は無料です。問題に直面したとき、出来るだけ早い時点で、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
サイト内検索
計測制御・産業機器サイト
ページカテゴリ一覧
新着ページ