製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
振動試験、衝撃試験、信頼性試験はお任せください - IMV株式会社
事例

航空機関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2020年01月24日 /  試験・分析・測定

プロペラ航空機のラックに取り付ける電子機器の事例

RTCA/DO-160D Environmental Conditions and Test Procedures for Airborne Equipment (http://www.rtca.org)、8.7 Robust Vibration Test Procedure-Fixed-Wing Aircraft: Curve Mを適用
供試品 280mm×220mm×H150mm、6kg
専用治具 14kg
臨界振動数 注1)調査 Curve M、1oct/min、1往復(13min)、3軸、加振中供試品動作変化を監視。
注1)振動応答が2倍を超える共振振動数又は供試品動作に変化が発生する振動数。
臨界振動数 X軸2点、Y軸2点、Z軸3点を検出した。
臨界振動数耐久試験 各臨界振動数で30min加振、順次3軸。
挿引耐久試験 Curve M、1oct/min、加振中応答を記録し共振振動数変化を調査及び供試品動作変化を監視。
X軸(3h-13min-2×30min)=1h47min Y軸(3h-13min-2×30min)=1h47min Z軸(3h-13min-3×30min)=1h17min
使用試験設備
水平振動台付振動試験装置 i220/SA1M/H6
振動制御器 K2、ソフトウエア Sine
専用治具 15kg
試験設備使用期間 2日
作業時間 8h
試験料金 \282,000 (専用治具含まず)

ジェット航空機コックピットドアの事例

供試品 600mm×50mm×H1800mm, 20kg
加振治具 1000mm×1000mm×H2000mm, 350kg

図2のPSDで、X軸5h、Y軸2.5h、Z軸2.5h、4点平均値制御、応答測定8点

  
使用試験設備
水平テーブル付振動試験装置 i260/SA7M/HT10
振動制御器 K2、12input 1output、ソフトウェアRandom
加速度ピックアップ VP-32:12個
専用治具 200kg
試験設備使用期間 2日
作業時間 8h
試験料金 \1,952,000 (専用治具含まず)

ロケットに取り付ける制御バルブの事例

ISO 16750-3を適用する。
供試品 120mm×100mm×50mm、1kg
専用治具 120mm×100mm×120mm、2kg

次の順に試験を実施する。

  1. 治具共振調査 : 10~2000Hz: 9.8 m/s2、2oct/min
  2. 初期振動応答検査 : 10~2000Hz: 9.8 m/s2、2oct/min
  3. ランダム試験 : X軸 ATレベル(QTレベルの-4dB)で40s:供試品動作確認 QTレベル(285 m/s2 rms)で180s:加振後動作確認 Y軸 ATレベル(QTレベルの-4dB)で40s:供試品動作確認 QTレベル(214 m/s2 rms)で180s:加振後動作確認 Z軸 ATレベル(QTレベルの-4dB)で40s:供試品動作確認 QTレベル(203 m/s2 rms)で180s:加振後動作確認
  4. 最終振動応答検査 : 10~2000Hz: 9.8 m/s2、2oct/min
  5. 衝撃応答スペクトル定義衝撃試験 : 50~1000Hz: 6dB/oct、1000~3000Hz: 3500m/s2、減衰比: 5%、 持続時間: 規定なし、各軸1回

ランダム試験のX軸QTのPSDを図1に示す。 Y、Z軸は記載省略


衝撃試験の前に、要求衝撃応答スペクトルSRS(図5)を満たす時刻暦波形(図6)を作成し、試験ではこの波形を目標として波形制御加振を実施する。 この目標波形の衝撃応答スペクトルを確認したのが、図7である。

 

使用試験設備
振動試験装置 i220/SA1M
振動制御器 K2、ソフトウエア Sine、Random、Shock、SRS
加速度ピックアップ VP-32: 1個、VP-02: 2個
専用治具 2kg
試験設備使用期間 1日
作業時間 7h
試験料金 \293,000 (専用治具除く)

お問い合わせ

お客様で、また他の試験所では出来ない試験も、出来ることがよくあります。
見積前の相談は無料です。問題に直面したとき、出来るだけ早い時点で、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
サイト内検索
計測制御・産業機器サイト
ページカテゴリ一覧
新着ページ