製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
製品・技術

【書籍】医薬品/化粧品/食品分野におけるHPLC・GC分析テクニック (No.2058)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

 

 

医薬品/化粧品/食品分野における
HPLC・GC分析テクニック

------------------------------------------------------------------------------   

 

         

  ~クロマトグラム解釈と装置・カラムの選定、試料の調整、トラブル対策~

 

 

 

歪んだピークをいかに判別するか? ゴーストピークが出現したときの対処法とは?

 

熟練者のチャートの見方、経験に裏打ちされた条件設定のコツが満載!

 

  

 ■ 目  次                                                                                                    

第1章 医薬品・化粧品・食品分野におけるHPLCの分析テクニック
第2章 HPLCの解析トラブル・ピーク異常への対応
第3章 GCの分析テクニックと解析トラブル・ピーク異常への対応
第4章 医薬品分野におけるクロマトグラムの読み方と解析事例
第5章 化粧品分野におけるクロマトグラムの読み方と解析事例
第6章 食品分野におけるクロマトグラムの読み方と解析事例
第7章 分析法の妥当性/信頼性評価

 

■本書のポイント                                                                                                      

 1.読みにくいクロマトグラムの解釈、おかしなピークの判別のコツ!
  ・HPLCやGCの重複したピーク、テーリングピーク、リーディングピーク、ブロードなピーク等、さまざまなピークの読み方
 ・複数のピークが隣接する場合、非対称なピーク、ショルダーピーク、歪んだピークなど、形状が好ましくないピークへの対応法
 ・ピーク同定のためのマススペクトルの読み方


2.ピーク形状の悪化を招く分析法の問題点とは?
   正しい値を出す分析のテクニックとは?
 ・HPLCやGCのピーク形状の悪化やゴーストピークを招く不適切な分析法
 ・カラム選択・調整、充填剤・溶媒選択、温度管理、前処理など、分析値やその再現性に関わる分析のテクニック
 ・各種検出器と組み合わせた場合の解析トラブル・ピーク異常への対応


3. 医薬品、化粧品、食品  各分野ごとの測定条件や分析の工夫、その事例!
 ・医薬品 ― 糖・タンパク質の構造解析 /ADCの特性解析/核酸医薬の定量分析/タンパク質凝集体の分離分析など
 ・化粧品 ― 香気成分分析におけるGCの定量精度向上/防腐剤の定量分析/生活臭解析/界面活性剤の分析
 ・食品 ― 抗酸化成分の定量/農産物・畜水産物中のジニコナゾール分析/人工甘味料の一斉分析/GC、官能評価を用いた匂い解析
  

--------------------------------------------------------------------------------

 

詳細目次、執筆者は、「資料ダウンロードページへ」からパンフレットをご覧ください。
ご購入、試読のお申込みは、「このページに関するお問い合わせ」よりご依頼ください。

 

 

製品概要 ●発 刊:2020年6月30日
●体 裁:A4判 521頁
●執筆者:62名
●ISBN:978-4-86104-797-8
特徴 ※無料試読できます。お問い合わせください。

※大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
製品名・型番等
シリーズ名
医薬品/化粧品/食品分野におけるHPLC・GC分析テクニック(No.2058)
価格 定 価:80,000円(税抜) 【送料込】
納期 お申込みが確認され次第、商品と請求書をお送りいたします。
  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ