製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

接触抵抗の測定、まだ自社・手動で行っているのですか?[ファクトケイ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン 受託分析/試験機器  / 2019年06月21日 /  電子・半導体 試験・分析・測定 光学機器

No.2512 2019年6月21日

●被膜を破壊しない方法で接触抵抗の表面分析をするなら

接触抵抗の測定は、自社で抵抗計などを使って行うより、自動評価装置で分
析すれば、迅速かつ正確に、信頼性の高い安定したデータを提供できます。

ファクトケイ株式会社様では、自社で開発した接触抵抗評価装置を使い、被
膜を破壊しない方法で接触抵抗の表面分析。コネクター、スイッチなどの接
触機構部品の長期的な信頼性評価はお任せください。同社には、30年以上試
験を行ってきた技術の蓄積があります。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

現場の声を元に、迅速かつ正確で機能性の高い装置を自社製作
安価に、高精度な「接触抵抗測定評価」を実施


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 100mm角、高さ最大100mm、最大重量1kgまでの対象物を測定評価
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社の「接触抵抗測定評価」では、100mm角、高さ最大100mm、最大重量1kg
までの対象物の評価が可能。定荷重による抵抗分布、荷重増減による抵抗分
布、荷重増による摺動抵抗値などの評価が行えます。

接触抵抗と接触力の関係など、測定した抵抗値のパラメータをグラフ化し、
エクセルで簡単に管理することもできます。

>> 接触抵抗測定評価サービスの資料ダウンロードはこちらから


■ 電子部品や接触部品のガス腐食試験にも対応
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
電子部品の不良解析、規格試験、劣化加速試験の中で、欠かすことができな
いのがガス腐食試験。同社では、よりフィールドに近い条件を再現した、シ
ングルガス、2種・3種・4種混合ガスの腐食試験にも対応します。さらに、
オゾン・アンモニア・二酸化炭素など、特殊ガスでの腐食試験も可能です。

85℃までの高温度条件下でのガス腐食試験や、高さ940×幅740×長さ710mm
までの大型・重量物のガス腐食試験にも対応。他社にはない保有設備台数
(20台)とラインナップで、迅速かつ丁寧な試験を行います。

>> 「ガス腐食試験(シングル~4種)」についてはこちら


>> 「接触抵抗測定」「ガス腐食試験」についてのお問い合わせはこちらから


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら