製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

常温に近い温度で、簡単・短時間・高精度にワークを凍結固定する「ESチャック」[トリオエンジニアリング]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン 産業機械/装置  / 2020年11月18日 /  産業機械機器 鉄/非鉄金属 セラミックス

NAVIメールPlus 2020年11月18日

従来の冷凍チャックの欠点を改善。簡単・短時間・高精度にワークを固定。+17℃で凍る液体でチャッキングする「ESチャック」

ワークを歪なく高精度にチャッキング
コスト削減に貢献

ワークの固定に困っていませんか?
例えば、バイスで挟む、マグネットやバキュームで引っ張るなど、ワークに負荷を与えたまま固定して加工すると、精度が出ない。ワックスを使い、接着固定したものの、思うように加工精度が出ない。また、穴に入り込んだワックスが除去しきれないなどの理由で不良が発生してしまう──。

こうした問題を解決するのが株式会社トリオエンジニアリング様のチャッキングシステム「ESチャック」です。+17℃で凍結する特殊な低温凝固剤を使い、短時間かつ高精度にワークを固定。非磁性体や薄い磁性材などの加工効率や精度がアップ。着脱時の破損や洗浄不良の防止、刃物の長寿命化などでコスト削減にも貢献します。

詳細はこちら

厚さ精度や平面度が出しやすく、固定膜厚1μm以下も可。洗浄も不要

高温に温めて接着するワックス接着はワークが歪み、洗浄が大変。そのうえ、接着層が厚く、ワークの傾きが発生します。バキュームチャックは、曲がりや反りが大きいと上手くつかず、薄く曲がったワークが矯正されます。マグネットチャックでは非磁性材がつけられず、薄いワークは矯正されます。

このような問題を抱える加工時のチャッキング方法に比べ、「ESチャック」は厚さ精度や平面度が出しやすく、条件が揃えば固定膜厚は1μm以下です。
また、「ESチャック」は接着に使う液体が揮発して無くなるため、他の接着方法のような洗浄の手間や、洗浄不良が発生しません。

超硬カッター、歯車
「ESチャック」を使用した事例
精密部品などの加工時のチャッキングに最適

「ESチャック」は、非磁性体や薄い磁性材などの加工効率や精度がアップ。
精密部品などの加工時のチャッキングに最適です。

「ESチャック」が使える工作機械は、精密平面研削盤、ロータリー研削盤、スライシングマシン、マシニングセンター、円筒研削盤、旋盤、ダイシングソーなどがあります。ISO9001、ISO14001、RoHS規制対応済み企業への納入実績もあり、ワックス接着方式で発生する環境汚染の対策にも貢献します。

ESチャックカタログダウンロード ESチャックお問い合わせ


 
--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら