製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

海外向け制御盤に貢献するグローバルスタンダード「世界標準」製品[リタール]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン 産業機械/装置  / 2021年01月18日 /  自動車 産業機械機器 建設・プラント

No.2631 2021年1月18日

● 海外現地の保守サポート体制で、価値と競争力をグローバルレベルへ

海外向けの制御盤を製造する際に、最も大変な作業とは何でしょうか。
IEC、EN、ANSI、NFPA等の海外規格を理解し、現地の安全規格に準拠させるこ
と?
「盤内の熱対策」「IP、保護等級」「ノイズ」を考慮した設計?
現地で問題が発生し部品の交換などが必要となった場合は?
このような問題に対応するには、各現地の事情に合わせた知識が必要です。

リタール株式会社が提供するキャビネット、ボックス、盤クーラーは、国際
規格を取得しており、海外向けの制御盤に最適です。また、世界中を網羅す
るサービス拠点によるサポート体制で、製品を安心してご使用いただくこと
ができます。
世界規模での「標準」製品を使用し、制御盤および機械の価値や競争力をグ
ローバルレベルへ!


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

IP55の保護等級を維持しIEC60529に準拠。ノイズ対策もバッチリ!
TS8エンクロージャー


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■盤の自由なレイアウトに対応する拡張性の高い連結型エンクロージャーTS8
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・対称構造のため幅方向のみならず奥行方向にも連結可能で、ドアの開閉
 方向も自由に変更可能(シングルドア)
・垂直フレームは考え抜かれた16回折り曲げの中空プロファイルを使用し、
 軽量化と堅牢性を両立させた上に省スペースを実現
・自動等電位化で最大7本のアースストラップの取り付けが省略可能で、
 高い安全性を確保
・表面処理に3段階のコーティングプロセスを施すことで優れた腐食保護・
 耐久性を維持

TS8エンクロージャーは、様々な要求に対応する豊富なアクセサリーが用意さ
れており、利便性・作業効率がさらにアップします。



■ほんの一部ですが、アクセサリーの紹介動画をご覧ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎VXベースの組立とTS8への取付け方法
 VXベースの組み立てとTS8への取付け方法をご紹介します。
 VXベースは連結することも可能です

◎メカニカル インターロック システム 4912.000、4911.000の組み立て
 メカニカル インターロック システムの組み立て方と仕組みをご紹介しま
 す。


■盤の温度上昇を抑える温度管理製品をご紹介します
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎盤用クーラー「Blue e シリーズ」
 ・凝縮器のRiNanoコーティングでフィルター不要
 ・凝縮水蒸発器を内蔵(天井取付型全機種、側面取付型1kW以上)
 ・各種国際認証を取得

◎ノンフロンクーラーもあります!「Blue e NF」

◎工具不要・簡単取り付け -フィルターファンユニット
 ・20m3/h~900m3/hの8段階の風量レベルで、迅速で工具不要の組立が可能
 ・保護等級IP 54(700m3/hまで)
 ・革新的なECテクノロジーを採用したインテリジェント仕様も用意

◎フィルターファンユニットでコストを抑えた熱対策
 (設置環境によります)


>> お問い合わせはこちら

--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら