製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
製品・技術

【書籍】においのセンシング、分析とその可視化、数値化 (No.2073)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

 

 

においのセンシング、分析と
その可視化、数値化

------------------------------------------------------------------------------   

 

 

-センサの開発、機器分析、官能評価と応用事例-

 

◎曖昧で数値化が難しい「におい」を、いかにして高感度に検出し可視化するのか


  生活空間、車室内、疾病診断、食品の品質管理、工場の異臭検知など、新用途開拓へ向けた開発事例を掲載

 

 

  

   

 ■ 目  次                                                                                                    

第1章 嗅覚の受容、認知メカニズム
第2章 官能評価、機器分析によるにおい、香りの分析技術
第3章 匂いセンサの開発動向とセンシング技術
第4章 ガスセンサの開発動向と高感度化、選択性向上
第5章 生体ガスの計測とヘルスケア、疾病診断への応用
第6章 におい・ガスの検知、センシング技術の応用事例

 

■本書のポイント                                                                                                  

●においの認識メカニズム
・においを感じる脳の仕組みとそのメカニズム
・多様で複雑なにおいの情報をどうやって正確に識別するのか
・嗅覚の心理特性と他感覚との相互作用
●嗅覚に匹敵するにおいセンサの開発動向
・用途に合わせた感応膜の材料設計
・機械学習、AIを活用したデータ解析とにおい推定
・昆虫の嗅覚機構を再現した匂いセンサの開発
・嗅覚センサがなかなか実現しない要因

●生体ガスのセンシングと疾病診断
・生体ガスの種類と各種疾患との関係
・呼気ガスの検知とがん診断への応用
・皮膚ガスセンサの開発と応用可能性

●各種ガスセンサの開発動向
・さらなる高感度化、高選択性、小型化へ向けた研究事例
・高感度化へ向けた新しいセンサ材料の設計技術
・センサと機械学習によるガス検知技術の可能性

●官能評価、機器分析によるにおい、香りの可視化
・色を活用した香りの可視化手法
・におい強度、においの質の数値化
・複合臭の分析手法と見える化

●においを活用した最新応用事例
・線虫嗅覚を利用したがん検知
・半導体センサによる室内化学物質のモニタリングと換気制御
・においセンサによる土砂災害予兆モニタリングシステム
・食品ロス低減へ向けた匂い検知による食品鮮度評価システム
・嗅覚センサを搭載したロボットの開発動向

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

詳細目次、執筆者は、「資料ダウンロードページへ」からパンフレットをご覧ください。
ご購入、試読のお申込みは、「このページに関するお問い合わせ」よりご依頼ください。

 

 

製品概要 ●発 刊:2020年10月30日
●体 裁:A4判 543頁
●執筆者:57名
●ISBN:978-4-86104-810-4
特徴 ※無料試読できます。お問い合わせください。

※大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
製品名・型番等
シリーズ名
においのセンシング、分析とその可視化、数値化 (No.2073)
価格 定 価:80,000円(税抜) 【送料込】
納期 お申込みが確認され次第、商品と請求書をお送りいたします。
  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ