製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
製品・技術

【書籍】容器包装材料の環境対応とリサイクル技術(No.2182)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

  ★試読できます★

容器包装材料の環境対応と
リサイクル技術

------------------------------------------------------------------------------

 

 

★ 従来材料と同等のガスバリア性、ヒートシール性、物性強度を実現するには?


★ 海洋生分解性プラスチックの開発! 『使用中の物性』と『使用後の生分解』の両立!

 

 

 

 

 

■ 目  次                                                                                                        

第1章 容器包装材料における市場・技術動向、規制対応
第2章 リサイクル技術による資源循環と容器包装材料への応用
第3章 モノマテリアル包装材料の開発とその採用事例
第4章 海洋分解性/生分解性プラスチックの設計と開発、分解性制御、容器包装への応用
第5章 バイオマス系包装材料の合成・開発と物性改善、その採用事例
第6章 紙製容器包装の実用化とバリア性、ヒートシール性などの機能発現

 

■ 本書のポイント                                                                                                  

 ◆様々な規制や規格、認証の整理◆

・プラスチック資源循環戦略の理解
・マスバランス、セグリゲーションの仕組みと課題
・LCAの観点からみる環境対応材料の評価

◆各リサイクル技術の確立◆
・温和な条件で行うケミカルリサイクル
・ポリオレフィンへ向けた分解触媒の開発
・物理劣化したリサイクルプラスチックの改善
・コンタミ、黄変の防止へ向けて
・物性性能とリサイクル性の両立

◆環境対応材料の開発事例◆
・モノマテリアル化の実現 → バリア性の改善と材料物性の最適化
・生分解/海洋分解性プラスチックの開発 → スイッチ機能、分解促進剤による分解制御
・バイオマスプラスチックの採用 → 耐熱性、耐水性、成形性、臭いなどの対策
・紙製材料への期待 → バリア性、ヒートシール性などの機能発現

--------------------------------------------------------------------------------

 

詳細目次、執筆者は、「資料ダウンロードページへ」からパンフレットをご覧ください。
ご購入、試読のお申込みは、「このページに関するお問い合わせ」よりご依頼ください。

 

 

製品概要 ●発刊:2022年12月27日
●体裁:A4判 548頁
●執筆者:84名
●ISBN:978-4-86104-914-9
特徴 ※無料試読できます。お問い合わせください。

※大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
製品名・型番等
シリーズ名
容器包装材料の環境対応とリサイクル技術(No.2182)
価格 定 価:88,000円(税込) 【送料込】
納期 お申込みが確認され次第、商品と請求書をお送りいたします。
  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ