製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

接着剤不要。膨張係数の異なるガラス材料を外径φ50以下の段継ぎ加工[富士通特機コンポーネント]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン  / 2019年07月11日 /  産業機械機器 電子・半導体 試験・分析・測定

No.2521 2019年7月11日

●膨張係数の異なるパイレックスや石英管、ソーダガラス管等を接合

膨張係数の異なるガラス材料を接着剤なしで接合する「段継ぎ接合(段シー
ル)」技術を強みとするのが富士通特機コンポーネント株式会社様です。

同社では、コバールガラスや中間ガラスを用いた段継接合技術で、膨張係数
の異なるパイレックスや石英管、ソーダガラス管等へ変換することが可能で
す。同社の技術は、ガラス加工、分析機器、化学機器などのメーカーや大学、
特殊法人などの研究機関に最適です。

■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

接着剤不要で異種ガラス管を「段継ぎ」接合
外径φ50以下の段継ぎ加工に1個から対応


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ ガラス段継ぎ管の製作なら、お任せください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社では、ソーダガラス、パイレックスガラス、テンパックスガラス、コバー
ルガラス、石英の接合に対応します。お客様からは「従来、依頼してきたメー
カーで加工職人の退縮等により対応できなくなったため、転注した」「ガラ
ス管を直接、ICFフランジやNWフランジ等の金属フランジに接続できた」と
いう声をいただいています。コバールガラスを介在させることにより、SUSフ
ランジ等の金属部品とガラス管の接続も可能です。

段継ぎ接合は1個から対応。材料を同社で準備する場合は、通常、1カ月程度
の納期となります。

>>ガラス段継ぎ管製作の詳細はこちらから


■ 金属とガラスの接合も得意
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社では、膨張係数の一致した金属コバールチューブとコバールガラス管の
直接接合、コバールリングとコバールガラス管を利用したガラス-金属接合、
熱膨張係数の異なるガラス-金属の接合も可能です。ガラス部分が破損・消
耗した場合などの再生加工にも対応しています。

「古い部品でメーカーが分からない」「新品を購入するとかなり高い」など、
お困りでしたら、同社へぜひ一度お問い合わせください。ポンチ絵等の構想
図から具体的な設計形状を提案できます。

>>ガラス-金属接合の詳細はこちら


>>ガラス段継ぎ加工、ガラス-金属接合についてのお問い合わせはこちら


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら